© コナモン資料室 All rights reserved.

餃子と湯麺

いまでは町中華というワードで親しまれていますが、餃子メイン、ラーメン主体、定食専門の中華のお店が、日本の中華大好きに大きな貢献をしたことは確かだと思います。

こちらは餃子メインの老舗ですが、円形の鍋も、メニューの設定も日本中華の食文化を感じさせてくれます。

湯麵と炒麺があり、中華麺の風合いも、おそらく昔はこれが主流だったのかしら・・と。

ザーサイというメニューもありがたく、満足のひと時でした。

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る