© コナモン資料室 All rights reserved.

アッパム@Rarampa

Alvinさんは、前世、私の関係者だったにちがいないほど、私の取材の意図をよく理解してくださって、たこ焼きににたお菓子をつくるから、厨房に見に来ないかとさそってくれました。

これは、11年前、王様の料理人にも習ったアッパムですが、生地の風合いがちがうので、大きさも食感もちがいますが、型は同じもの。

ナッツ類を先に入れて、そこに生地を流して、ひっくり返して・・と私にもやらせてくれるので、ほんとに有難かったです。

ふんわりサクッとした軽い食感のアッパムは、アメリカならドーナツ、日本なら、お饅頭的な存在かもしれません。

このアッパムにピッタリのチョコレートドリンク、名前を忘れちゃいましたが、アボカドもはいって、冷たいけれど

体に優しいのを一緒にいただきました。

たまたまホテルの隣にあったというだけのレストランRARAMPAさんですが、ジャカルタ=RARAMPAさんというくらい、今回の旅の肝となるお店でした。

次回は、お母さんの住む町に一緒に行こうと、Alvinさんは行く気満々で、約束してくれました。

お母様のTINAさんは、なんだか私のお姉さんみたいで、言葉はほとんど通じないんですが、心が通じ合ってるので、十分。3人のお嬢さんやAlvinファミリーのみなさん、突然のお願いを聞いていただき、本当ありがとうございました!

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る