© コナモン資料室 All rights reserved.

近藤さんのバイオレット談義

最近、近藤さんにお目にかかることが多く、鮑の旬、ということで、初あわび天です!

食後、50年来つかってきたというバイオレットについて、素材を最大限に生かす粉だね、とおっしゃいます。

粉と、水、卵の衣を、最高の食材にまとわせる、近藤さんの天ぷら談義は、何度うかがっても新しい発見が!

てんぷらのすそ野を広げたいと常々おっしゃっている近藤さん。

この日は、海老の足、海老、白アスパラ、丸なす、キス、ピーマン、ウニ、オクラの花、いか、玉ねぎ、鮑、穴子、サツマイモ、天茶の順でした。

ご家庭での天ぷらには、以下のサイトをご参考ください。

●コナモン・アカデミー「粉の達人に学ぶ」第一回 てんぷら近藤 近藤文夫さん
https://www.nisshin.com/entertainment/academy/biographical/vol1.html

関連記事

夏の麺益力、協会おすすめレシピサイト

  ■栄養バランスばっちり麺類で、麺益力あげあげ! 夏の麺益力、麺類編の日本コナモン協会監修メニューサイトが ヤマサ醤油「なるほ…

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ページ上部へ戻る