© コナモン資料室 All rights reserved.

近藤さんのバイオレット談義

最近、近藤さんにお目にかかることが多く、鮑の旬、ということで、初あわび天です!

食後、50年来つかってきたというバイオレットについて、素材を最大限に生かす粉だね、とおっしゃいます。

粉と、水、卵の衣を、最高の食材にまとわせる、近藤さんの天ぷら談義は、何度うかがっても新しい発見が!

てんぷらのすそ野を広げたいと常々おっしゃっている近藤さん。

この日は、海老の足、海老、白アスパラ、丸なす、キス、ピーマン、ウニ、オクラの花、いか、玉ねぎ、鮑、穴子、サツマイモ、天茶の順でした。

ご家庭での天ぷらには、以下のサイトをご参考ください。

●コナモン・アカデミー「粉の達人に学ぶ」第一回 てんぷら近藤 近藤文夫さん
https://www.nisshin.com/entertainment/academy/biographical/vol1.html

関連記事

親子コナモンアカデミー@わくわく探検隊

10年以上続く、わくわく探検隊のコナモンアカデミー。 今年は、広島のお好み焼に挑戦しました。 おうちでも作ってるというお母さんや、ぼく頑…

魚の棚の玉子焼

    魚の棚も明石焼きのお店が増えました。 道頓堀のたこ焼きが増えているのを似たような状況です。 昔は20個が一人前でしたが、…

新春ラーメンめぐり

麺益力アップを兼ねて、三くさん、丈六さん、ぶたのほしさん、西脇の内橋ラーメンさんにおじゃましました。       …

なるほど、冬の麺益力!

 体温と免疫力は大きな関係があり、登山でも体温保持が大きなテーマと言われるように、寒い季節は温かい栄養バランスのいい食事で、体調を整えたいも…

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

ページ上部へ戻る