© コナモン資料室 All rights reserved.

広島お好み焼きの焼き方@西条

さざんかさんもそうですが、こちらも昔ながらの焼き方です。

きじをひいて、すぐそばをのせるのは古いスタイルだそうですが、

やっぱり美味しいです。

しかも、特注の重しをしっかりのせて焼くんです。

1枚分、2枚分、値打ちのある重しで、この光景はなかなかの迫力。

こちらもソバの上にキャベツ。

無造作に作っているようですが、体が覚えているんでしょうね。

昭和61年から受け継いだお店を今も守っている奥さん。

駅前の再開発で移転したものの、3枚の鉄板はそのまま。

畳敷きのシートも座り心地よく、たくさんお話できました。

それに、ご主人作のコテの木の部分がしっかりして食べやすいんです。

FIFAワールドカップで、コロンビアに買った翌日なので、(西野監督ありがとうございます!)

気分よく、肉玉ソバとねぎ焼きと2枚いただきました!

こちらは、63年目、西条では最古参でしょうね。

 

 

関連記事

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

おうちコナモンニュース

2020年5月23日の朝日新聞記事。 売り場から小麦粉が消える現象も話題になり、おうちコナモンに関するメディアの紹介も多かったです…

伝説のお好み焼

五味焼をはじめたお店はどこなんでしょうね。 90歳の父が学生の頃、五味焼が流行したようです。…

パントレンド

美津の焼

ページ上部へ戻る