© コナモン資料室 All rights reserved.

408/ カツもカレーもコナモン?


最近、カレーを食べることが多いです。以前、スープカレーの匠こと、札幌らっきょさんが、カレーの常習性について教えてくださったことがありますが、確かにそうかも・・しれません。

カレーのなかでもカツカレーは独特の地位を占めます。その人気店カツヤさんで、先日、講談師の旭堂南陵師匠襲名披露に出かける前に、カツカレーを食べました。

いいお肉で、ダブルにすると、2000円もするのですが、せっかくなので、ノーマルとええ奴と二つ頼みます。一人で食べるんとちゃいますからね~(名古屋の味噌煮込みもそれくらいザラですから・・・)

なんでもここのカレーは野菜とフルーツをじっくり炒めて、3年間ねかしているそうなんです。その深みと甘み。昔ながらのカレーでありながら、深みをもってるというのが、人気の秘訣なんでしょうね。

ダブル上等カツは、ノーマルの5倍以上の厚みで、脂部分もしっかり、でも重くないのがすごいです。タイの辛いもの攻撃で、何十年ぶりにおなかが痛めというのに、また濃い~ものをたっぷりいただいてしまいました。
そうそう、上等の奴には、大粒らっきょが一個だけついてきました。これがまたおいしくて、一個というところ憎かったです。

関連記事

もっちりワッフルとチーズケーキ@ドドド

米子の商店街にあった銀行をリノベーションしたカフェへ。 金庫がVIPルームというので見せてもらいましたが、文化財空…

蟹取県境港市の底力

水辺の最高のロケーションで、鮮度抜群の海の幸。このうえない幸せなエリア…

水木しげるロードのたこ焼

たこ八さんで修業されたかたに習ったというお店が、水木しげるロードにありました。 自家製のシソジュースと相性がばつぐん!…

地元スーパー@境港市

大山がみえるこのエリアは、島根県との県境でもあり、水揚げ日本一の海の幸のパラダイス。 スーパーでも…

鳥取県西部のラーメン

とっとりバーガーフェスタで毎年大山におじゃましていましたが、最近はご無沙汰してたので、久々の米子です。大山ふもと…

ページ上部へ戻る