© コナモン資料室 All rights reserved.

60周年を迎えるミナミの楽園

夜10時近くなっても、人だかりの道頓堀。

数年前の様相とは違いすぎますが、一人で歩いてても、楽しくなるのが不思議です。

万博視察団のランチミーティングで同じテーブルだった宗右衛門町商店街振興組合の増田副理事長のお店におじゃましました。

ここは、外の喧騒とは別世界。

エントランスからして、独特の雰囲気なので、マスターを知らなければ、私は入れないでしょう。

隣の常連さんによれば、名物女将が、真っ白のパンタロンで切り盛りしていた当初、ゴーゴーバーだったようですが、ゴーゴーバーって?

私より年上のミナミの老舗バーは、息子のマスターが20代で受け継ぐことになり、本格バーとして次々と新しいカクテルを考案。

いまのおすすめは、生フルーツのソルベカクテル。

スイカをたのむと、軽くクラッシュしてから、液体窒素で固めてくださいます。

冷え冷えの冷気を浴びながら、御茶目な大人バーの世界へ。

大粒すぎる八街のゆで落花生も、見事です。

常連さんとはお遍路さんのお話で盛り上がりました。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る