© コナモン資料室 All rights reserved.

60周年を迎えるミナミの楽園

夜10時近くなっても、人だかりの道頓堀。

数年前の様相とは違いすぎますが、一人で歩いてても、楽しくなるのが不思議です。

万博視察団のランチミーティングで同じテーブルだった宗右衛門町商店街振興組合の増田副理事長のお店におじゃましました。

ここは、外の喧騒とは別世界。

エントランスからして、独特の雰囲気なので、マスターを知らなければ、私は入れないでしょう。

隣の常連さんによれば、名物女将が、真っ白のパンタロンで切り盛りしていた当初、ゴーゴーバーだったようですが、ゴーゴーバーって?

私より年上のミナミの老舗バーは、息子のマスターが20代で受け継ぐことになり、本格バーとして次々と新しいカクテルを考案。

いまのおすすめは、生フルーツのソルベカクテル。

スイカをたのむと、軽くクラッシュしてから、液体窒素で固めてくださいます。

冷え冷えの冷気を浴びながら、御茶目な大人バーの世界へ。

大粒すぎる八街のゆで落花生も、見事です。

常連さんとはお遍路さんのお話で盛り上がりました。

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る