© コナモン資料室 All rights reserved.

159/ わたり蟹の塩ラーメン

わたり蟹の塩ラーメンわたり蟹の塩ラーメン
わたり蟹の塩ラーメンわたり蟹の塩ラーメンわたり蟹の塩ラーメン

わたり蟹に塩ラーメン、といえば、堺の龍旗信、さんにおじゃましました。

長野支部長は大阪通でもありますが、ここはまだ未踏の地だそうで、暑いなか、列に並んで、塩冷麺、塩ラーメン、すじ焼きと食べ、〆に、わたり蟹のラーメンをいただきました。

冷麺には、スライスのナスがはいってて、これがまた涼を呼びます。おだしというか、ひたひたの冷たいスープがからだに染み入るひととき・・・塩冷やしの極楽ですよね、PAPUAさん!

冷麺には、蟹の脚肉がかなりのボリュームでトッピングしてありましたが、これは蟹ではなく、もう少し庶民的具材の方が、私的にはもっと感動したかもしれません。スープと麺とナスで満足しているので、蟹やチャーシューの千切りはちょっと蛇足だったかも・・・

って素人が書いたらいけないのかもしれませんが、せっかくの一杯なので、ネギやミョウガ、豆苗、大葉、かいわれといった夏野菜できめたバージョンがあの美しい塩冷やしに似合うと思ったのでした。

関連記事

202312/7

後楽そばの復刻@新大久保 やきそば酒場

クレイジーケンバンドの小野瀬さんと新大久保駅上のやきそば酒場さんで、後楽やきそばの復刻版を頂きました。程よい歯ごたえ…

202312/7

協会関連ニュースいろいろ

https://shokuhin.net/74648/2023/05/05/kakou/seifun/…

202312/7

やきそば総研ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5a21ede86170c324b9c11306b473261…

202312/4

黒酢、黒豚、黒麹@霧島

鹿児島空港から歩いて10分のところにある源麹さんへ。泡盛をヒントに河内源一郎による黒麹発見によって日本の焼酎造りが一気に進化し、今は三代…

202312/4

200年変わらぬ製法!@くろず情報資料館

妙見温泉の朝は料理長渾身の朝食を頂戴し、坂元のくろず見学へ。錦江湾を見下ろす高台に並んだ甕は1万本が何ヶ所もあ…

ページ上部へ戻る