© コナモン資料室 All rights reserved.

160/ 淀川カドヤのアイスモナカとクリームコーヒー

淀川かどやのアイスモナカとクリームコーヒー淀川かどやのアイスモナカとクリームコーヒー
淀川かどやのアイスモナカとクリームコーヒー淀川かどやのアイスモナカとクリームコーヒー

ラーメンのあとは、やはり甘いもんです。かん袋のくるみ餅を、ミキティも楽しみにしてましたが、お盆休みということで、ふられてしまいました。店の前まできて、休み! アウト~!という苦い経験は、一度ではないんです。ええ加減、この店とのご縁のなさを痛感です。

田舎町をのんきに走るチンチン電車が、怒りを静めてくれました。

気をとりなおし、アイスモナカにシフトします。淀川カドヤに挑戦、でも電話は登録されてなくて、お盆休みかもしれないけれど、行ってみて確認しよう、ということになりました。

ここはセーフ!でした。ちゃんと店はあいていて、近所の人たちがひっきりなしに、食べに来てました。最中の皮の「かどや」の文字も素敵です。「か」が読み取れなくて、「どや」と読んでしまい、参りました・・と頭をさげてしまいました。

モナカのアイスクリンとは別に、ソフトクリームも大小ある、なんて気配り。隣りに引っ越してきたいほどです。

長野のキヨシさんが、クリームコーヒーが気になるのでたのんでみました。たしかに注文する客が多いのです。さすが、目の付け所がちがいますよ。

特製のクーラーから柄杓でコーヒー(すでに砂糖入り)を注いで、そこにソフトクリームをONします。紙コップで持ち帰る人も多いので、どんなに近所なんやろ・・とうらやましい限り。

さて、お味は・・懐かしいコーヒーなんです。

現代のカフェのコーヒーとは味がちがうんです。コーヒー豆のほかに大豆も炒ってはいってるような、自然な優しい、甘すぎない浪速のレイコーでした。これで150円。お盆の下町は情緒たっぷりです。

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る