© コナモン資料室 All rights reserved.

究極のそばがき@創業230年 更科堀井総本家

全日本食学会の理事会でもお世話になっている更科堀井さんのお店へ。

9代目堀井良教社長は、食学会でも釜たけうどんや、龍旗信と麺のコラボセミナーを開かれるなど、楽しい方なんです。

牡蠣の天ぷら、甘みが隠し味の卵焼き、さらしなのあと、太打ちで鴨せいろ、花巻の香りを楽しみ、

さらに、そばがきをお願いすると、小さめの愛らしい、もちもちながら、ソフトで、喉越し爽やかな、絶妙のそばがきが登場しました。

蕎麦湯もたくさん頂戴し、お蕎麦に浸った贅沢なひと時。

デザートは、葛切りとお汁粉。

創業230年記念の恵方巻は、伊勢海老の蕎麦寿司なんだそうです。

 

関連記事

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

おうちコナモンニュース

2020年5月23日の朝日新聞記事。 売り場から小麦粉が消える現象も話題になり、おうちコナモンに関するメディアの紹介も多かったです…

伝説のお好み焼

五味焼をはじめたお店はどこなんでしょうね。 90歳の父が学生の頃、五味焼が流行したようです。…

パントレンド

美津の焼

ページ上部へ戻る