© コナモン資料室 All rights reserved.

焼きそばとくず餅@総本店浪花家

麻布十番稲荷にお詣りし、お好み焼きのお店も見つけながら、たい焼きの老舗浪花家さんへ。

ところが一匹ずつ焼き上げるたい焼きは、40分待ちとかで、

しかたなく、こちらも看板の焼きそばとくず餅を持ち帰り。

細麺の焼きそばは、パラパラタイプのいい食感で、予備のウスターソースを少しかけてもおいしいです。

くず餅は、関西とは異なり、小麦粉を発酵させたお江戸くず餅ですが、サクッとあっさりタイプが江戸っ子気分にさせてくれます。

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る