© コナモン資料室 All rights reserved.

ラングルとコナモンのマリアージュ

  • 牛乳ウオッシュタイプのラングルとオーストラリアのクラッカーのハーモニー。
  • プロセスチーズしかなかった時代から、スパゲッティとともにパルメザンチーズが浸透し、とろけるスライスチーズの他に、ラクレット、カマンベール、カチョカバロ、チーズフォンデュの流れが1980年代から始まりました。
  • 1990年代は、ティラミスブームからマスカルポーネチーズが一世風靡、ナチュラルチーズのおいしさに目覚めはじめた時期といえます。
  • 21世紀に入り、ナポリピッツァの影響でモッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラなど青カビ系も流通し、臭いタイプのチーズが日本でも一般的になっていきました。
  • アジア各国でもこの流れをひいて、チーズとワイン人気が近年はじまっているようです。
  • ラングルには、ちょい甘口の白ワインが合いますが、カフェオレでも、アールグレイでも、オールマイティです。
  • ※ラングルの器:ロイヤルコペンハーゲン

関連記事

初の麺益力フェア‼︎

「麺益力」フェア@イオン近畿 1月13日~19日 イオン近畿エリアの各店舗さんにて開催! なるほど麺益力! はコチラ↓ http:…

和食のユネスコ無形文化遺産登録の経緯

2012年の設立時から理事を勤めさせて頂いている全日本食学会の理事長村田さんが主役の特集がありました。2013年12月4日登録されたユネ…

今年も多幸からお雑煮うどんまで

うどん棒さんのお雑煮うどん(期間限定)は、あん餅がはいります。 香川では、お雑煮にあんもち、という風習がありましたが、明治時代から …

からあげムービー封切り‼︎

今年もお世話になりました! 当協会八木顧問が今年の締めくくりに製作、先ほどアップされたので、ご案内まで🍗 私も初エキストラを経験し…

完熟スダチと栗の醍醐味

近藤さんの12月、同級生をさそっておじゃますることができました。 薩摩芋と人参は特別にお願いすることにして、あとはおまかせコース。 食通…

ページ上部へ戻る