© コナモン資料室 All rights reserved.

新世代ラーメンの風をfeel

先日、ラーメンfeelさんにおじゃましました。

整理券をお願いして、私たちは11時ぐらいをめざして青梅市まで。

紅葉がはじまり、のどかな快晴で、まさにラーメン日和です。こんな場所に・・と思いますが

おそらく店主はこういう移動の時間さえも、一杯のラーメンへのオードブルと考えているのかも。

そもそも屋号も、暖簾の藍染も、飯田商店さんの愛弟子とはいえ ユニークすぎ、30歳代のまっすぐな勢いと誠実さを感じさせます。

実際、店主の渡邊大介さんは予想以上に、優しくて、穏やかで、謙虚な方。

私の注文は、つけ麺と海老ワンタンがのった塩ラーメンと肉ワンタン。

雲吞好きには嬉しくてたまらないラーメンは、手前が鶏油、奥がイベリコラードで、色も香りも表面ツートーンなのです。

そしてつけ麺。

まずは麺さし。スダチがきいて、何枚でもおかわりできます。

麺は2種、和そばを食べてるような錯覚のふすま入りと、シンプル中華麺。

豚はやわらかく、途中で卵だしを入れて、味変です。

割りスープを入れてもらうと、小麦茶も添えてあり、まさにつけ麺フルコースの満足感。

1時間弱のゆったりした時空間で頂けるのも、これまでの経験にはないラーメン体験です。

世界が憧れるニッポンのラーメンの新しい形、新しい息吹、まさに新しい風をfeelしながら、紅葉の梅ケ谷峠を戻りました。

同行してくださった皆様、お世話になりありがとうございました。

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る