© コナモン資料室 All rights reserved.

新世代ラーメンの風をfeel

先日、ラーメンfeelさんにおじゃましました。

整理券をお願いして、私たちは11時ぐらいをめざして青梅市まで。

紅葉がはじまり、のどかな快晴で、まさにラーメン日和です。こんな場所に・・と思いますが

おそらく店主はこういう移動の時間さえも、一杯のラーメンへのオードブルと考えているのかも。

そもそも屋号も、暖簾の藍染も、飯田商店さんの愛弟子とはいえ ユニークすぎ、30歳代のまっすぐな勢いと誠実さを感じさせます。

実際、店主の渡邊大介さんは予想以上に、優しくて、穏やかで、謙虚な方。

私の注文は、つけ麺と海老ワンタンがのった塩ラーメンと肉ワンタン。

雲吞好きには嬉しくてたまらないラーメンは、手前が鶏油、奥がイベリコラードで、色も香りも表面ツートーンなのです。

そしてつけ麺。

まずは麺さし。スダチがきいて、何枚でもおかわりできます。

麺は2種、和そばを食べてるような錯覚のふすま入りと、シンプル中華麺。

豚はやわらかく、途中で卵だしを入れて、味変です。

割りスープを入れてもらうと、小麦茶も添えてあり、まさにつけ麺フルコースの満足感。

1時間弱のゆったりした時空間で頂けるのも、これまでの経験にはないラーメン体験です。

世界が憧れるニッポンのラーメンの新しい形、新しい息吹、まさに新しい風をfeelしながら、紅葉の梅ケ谷峠を戻りました。

同行してくださった皆様、お世話になりありがとうございました。

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る