© コナモン資料室 All rights reserved.

2021/ 秘湯 鶴の湯@乳頭温泉郷

若杉さんのはからいで、乳頭温泉をたずねることができました。

100711_1623~01.jpg 

昔は、お殿様もこられた秘湯のなかの秘湯。

「鶴の湯」の看板がでて、敷地にはいってからも10分くらい車でかかる奥地なのです。

冬は雪で閉ざされていましたが、いまの当主のはからいで、雪の季節も楽しめるようになりました。

雪の壁には、スタッフによって灯りが燈され、想像しただけでも情緒にしびれます。

100711_1618~01.jpg 

常連さんであるお二人には待っててもらい、私だけ烏の行水です。

100711_1636~01.jpg 

いくつかのお風呂があるんですが、鉱脈をかえて掘ってあるためか、それぞれ特長が違う鉱泉なんだそうです。

昔のたたずまいをできるだけ残した見事なお宿。

もしかして、世界遺産にも通じる、日本ならではの温泉宿ではないでしょうか。

100711_1620~01.jpg 

「ここにはシェフはいなんだよ、地元のものだけを使った、地元のお母さんたちの家庭の味なんだ」

若杉さんの言葉をきくと、今度はお泊りして、お料理をいただかなくてはいけませんね。

今回は、お水だけいただいて、それでも満足してしまうのでした。

100711_1641~01.jpg 

混浴のお風呂も女性の脱衣場から、ななめにおりていくので、お湯が濁ってることもあり、

人の目を心配しなくていいつくりなのです。

まさに、桃源郷。

しばし滞在したなら、身も心も完璧に修復されることでしょう。

いつか必ずゆっくりたずねてみたい、そう思わせる秘湯に出会うことができました!

関連記事

真昆布だしうどん

門真からかぞえたら15年という、きぬ川さんのお仕事は、大阪だしうどんにとって、奇跡的なものだと痛感する、白昆布うどんとき…

とろろ昆布の刃@こんぶ土居

今回の再撮では、とろろ昆布の刃物をみせていただきました。 文化度の高い昆布のさまざまな加工、祖母が大好きだった「白とろ…

まめぶの家のご馳走

かっくいというキノコのお味噌汁や、お漬物もお菓子も猪も、ほぼ地元食材という豊かさに感謝です! #konamon #…

まめぶフェスタ2022@岩手県久慈市

食文化の無形民俗文化財登録をめざす久慈市山形町で、まめぶフェスタ開催。 オンリーワン…

8八種のまめぶの食べ比べ@山形町おらホール

  岩手県久慈市山形町の8種類のまめぶの試食会。 まめぶを継承する皆さんと貴重な交流をさせていただきま…

ページ上部へ戻る