© コナモン資料室 All rights reserved.

焼と水 自家製皮の妙味

京都一条通の中華屋さんでは、麺も餃子の皮もすべて自家製。

しかも、皮は焼餃子と水餃子、厚みものばす方向も変えているので、手でもっただけで、わかりますし、加熱後の感じが、明らかに変わります。

昔は神戸の製麺所さんから買っていたそうですが、十数年前にそこが閉業となり、作り方を習ったとのこと。

1969年創業の2代目さんは、お話も楽しく、いろいろ学ばせていただきました。

焼きそばももちろん生めんを湯がいてから炒めますが、ちゃんと水で洗って、ぬめりをとって。

こんな丁寧なお仕事は、天然記念物です。

有難いお店に出会うことができました!

あっ、からあげもめっちゃジューシーで感激でした。

関連記事

麺益力発表会にロシアン佐藤さん登場‼︎

令和3年、5月7日コナモンの日 見てね〜❗️ 日本コナモン協会、麺益力発表会●夜8時~【ロシアン佐藤さんのチャンネル「おなかがすい…

手焼きの大和麩

協会相談役の的場先生のコラムが届きました。 麩は、小麦粉食品の源流みたいな存在、もっと探求したいものです。 やまと麩210421(食模様…

麺益力アップポスター

皆さん、ありがとうございます。 早稲田、巌哲さん(東京事務所長より) 早稲田の巌哲さん(東京事務所長より) 満月うどんさ…

炒めておいしい!ケールのある食卓

  会長熊谷入りケールパッケージが登場です。 カリーノケールは加熱すると、緑がとっても美しく、おいしさもアップします。 トーストで…

たこやきレインボーさん

協会でも大変お世話になってます大活躍のたこやきレインボーさん、今後の展開も楽しみです。…

ページ上部へ戻る