© コナモン資料室 All rights reserved.

345/ カキオコ初体験は安良田さんで

あらたあらたあらたあらた

日生カキお好み焼き研究会のユニークな案内で、初のカキオコは安良田さん。道沿いの雰囲気のある店構えです。

日生の鉄板は、周囲がタイルで飾ってあり、色も鮮やかで独特の世界です。お母さんの代から47年という老舗のひとつで、手早くカキたっぷりのお好み焼きが焼かれていきます。

キャベツは生地にあわせたものと、切っただけのものと両方入れて、焼き方が神戸とも、大阪とも、広島とも微妙にちがうのが素敵、うまかったです。

おっぱい焼きなるメニューを発見し、お願いしました。カキのミルクからきたもので、長めにきった青ネギとカキをどっさりと焼きおしょうゆ味でジュワッと仕上げます。カキが立派なので、満足のひととき。

竹に通して干してある、がんぞというデベラの干したものも出してくださいました。

滋賀や京都からも常連さんがくるというこのお店。おかみさんたちの優しさにまた、きたくなるのはわかります。

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る