© コナモン資料室 All rights reserved.

文化の継承@内子

内子名物の筆頭、和ろうそくの大森さんへ。

昨晩、セッションしたときの雰囲気とはうってかわって、七代目は六代目とともに朝からお店に出ていました。

絹とイグサで燈心も手作り、一本一本ハゼの蜜蝋を丁寧にかけながらの和ろうそくは

大英博物館にも陳列されています。

炎は気品があり、アウトドアでも使えるほど、風でも消えません。

驚いたのは、蝋が垂れないこと。

蝋燭の表面の手触りはなめらかな風合いで、癒される触感です。

火消しで丁寧に燈芯を押さえて火を消すと、煙も匂いもでないのが不思議です。

パラフィンの蝋燭とは別世界の内子の和ろうそくの世界は、代々受け継がれているのでした。

仏さまに、防災に、常備したい和ろうそくと燭台、火消しをそろえることができました。

関連記事

麺益力発表会にロシアン佐藤さん登場‼︎

令和3年、5月7日コナモンの日 見てね〜❗️ 日本コナモン協会、麺益力発表会●夜8時~【ロシアン佐藤さんのチャンネル「おなかがすい…

手焼きの大和麩

協会相談役の的場先生のコラムが届きました。 麩は、小麦粉食品の源流みたいな存在、もっと探求したいものです。 やまと麩210421(食模様…

麺益力アップポスター

皆さん、ありがとうございます。 早稲田、巌哲さん(東京事務所長より) 早稲田の巌哲さん(東京事務所長より) 満月うどんさ…

炒めておいしい!ケールのある食卓

  会長熊谷入りケールパッケージが登場です。 カリーノケールは加熱すると、緑がとっても美しく、おいしさもアップします。 トーストで…

たこやきレインボーさん

協会でも大変お世話になってます大活躍のたこやきレインボーさん、今後の展開も楽しみです。…

ページ上部へ戻る