© コナモン資料室 All rights reserved.

文化の継承@内子

内子名物の筆頭、和ろうそくの大森さんへ。

昨晩、セッションしたときの雰囲気とはうってかわって、七代目は六代目とともに朝からお店に出ていました。

絹とイグサで燈心も手作り、一本一本ハゼの蜜蝋を丁寧にかけながらの和ろうそくは

大英博物館にも陳列されています。

炎は気品があり、アウトドアでも使えるほど、風でも消えません。

驚いたのは、蝋が垂れないこと。

蝋燭の表面の手触りはなめらかな風合いで、癒される触感です。

火消しで丁寧に燈芯を押さえて火を消すと、煙も匂いもでないのが不思議です。

パラフィンの蝋燭とは別世界の内子の和ろうそくの世界は、代々受け継がれているのでした。

仏さまに、防災に、常備したい和ろうそくと燭台、火消しをそろえることができました。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る