© コナモン資料室 All rights reserved.

329/ 末富さんのはなびら餅

京都の和菓子のリーダー的存在、末富さんへ、麩焼をみせてもらいに、おじゃましました。

ご主人には、以前講演によんでいただきたきりでしたが、快くコナを溶いて焼き始めてくださり、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

撮影のあと、ご主人が散らしてくださった金箔の花びら餅を頂戴しました。とっても立派なはなびら餅でしたが、上品な甘さと、お餅のやわらかさ、今年もいいことがいっぱいありそうです。

関連記事

京都フレンチシノワの醍醐味

注目の京都フレンチ、モトイさんへ。大正期のお屋敷を改装した素敵な空間で、ヌーヴェルフレンチシノワ…

春巻定食

鉄板会議の懇親会の打ち合わせで、大阪の老舗中華、大成閣さんへ。丸かぶりを思わせるような大きな春巻き定食をいただきました。具材たっぷ…

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

ページ上部へ戻る