© コナモン資料室 All rights reserved.

日本パイ倶楽部セミナー

先日、日本パイ倶楽部の会に、参加させていただきました。

もともとパイ好きですが、私の何倍もパイにこだわり、パイを食べ歩く理事の皆さんのお話が、勉強にもなり、楽しかったです。

とくに、ゆるキャラならぬ、ゆるパイの本まで出された、藤井さんのユニークさはホンマもんで、その場で「ゆるパイ図鑑」をアマゾンで注文してしまいました。

私と同い年の「うなぎパイ」の呪縛から逃れられない、ゆるパイたち。

でも、「信長のえびしょっぱい」「おったまねぎパイ」はおいしくて、ゆるパイの新しい境地を開いていました。ちなみに「ふなずしパイ」は、もうひと工夫でブレイクしそう、鮒鮨ファンとしては期待します。

門上理事のフレンチに欠かせない「まじパイ」(お料理としてのパイ)のお話、「ケンテル」さんのミルフィーユの食べ比べでは、リボン食品の筏社長が、折りパイと練りパイの違いを解説してくださいました。

最後のクイズでは、日本コナモン協会のご紹介もいただき、パイ料理の数々も本当においしくて、こんなセミナー、きっと女子たちに受けるだろうなぁ・・次回もぜひ参加させていただきたいです。

事務局の皆さま、ありがとうございました!

 

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る