© コナモン資料室 All rights reserved.

PIZZA? JAPANESE PIZZA?

日本人とピザとの出会いは、イタリアのピッツァが、アメリカ経由でPIZZAとして入ってきた1980年代。

当時のイメージとして、こんがりクリスピーな生地に、サラミとチーズという思い込みも、アメリカ由来ならでは。

イタリア移民が、おいしいものを提供することで市民権を得ていったアメリカでは、PIZZAに人気が集中するのも時間の問題でした。

全米一住みたい街といわれるポートランドでもピザ屋さんは、常に人気で、大きな平たい箱をもって歩く人もよく見かけました。

焼きおきが当然のアメリカンピザは、直径50~60㎝はあり、オーダーがはいると、切り分けて、オーヴンで、少しあぶってくれます。

パン生地っぽいので、おいしい店は、ナポリピッツァとは一味ちがう食感。

ニューヨークのタイムズスクエア近くの人気店でも、飛ぶように売れていきます。

定番のペパロニから、ハム&パイナップル、スピナッチやチーズだらけや・・

そんな彼らが、JAPANESE PIZZAとして、お好み焼きを食べたなら、味としても、食感としても

あれっ?? と、首をかしげるかもしれません。

できれば、お好み焼きは「OKONOMIYAKI」で知名度を上げてほしいと、そのためにまた渡米すべく、がんばります!

関連記事

麺益力発表会にロシアン佐藤さん登場‼︎

令和3年、5月7日コナモンの日 見てね〜❗️ 日本コナモン協会、麺益力発表会●夜8時~【ロシアン佐藤さんのチャンネル「おなかがすい…

手焼きの大和麩

協会相談役の的場先生のコラムが届きました。 麩は、小麦粉食品の源流みたいな存在、もっと探求したいものです。 やまと麩210421(食模様…

麺益力アップポスター

皆さん、ありがとうございます。 早稲田、巌哲さん(東京事務所長より) 早稲田の巌哲さん(東京事務所長より) 満月うどんさ…

炒めておいしい!ケールのある食卓

  会長熊谷入りケールパッケージが登場です。 カリーノケールは加熱すると、緑がとっても美しく、おいしさもアップします。 トーストで…

たこやきレインボーさん

協会でも大変お世話になってます大活躍のたこやきレインボーさん、今後の展開も楽しみです。…

ページ上部へ戻る