© コナモン資料室 All rights reserved.

189/ 小麦粉のキャニスター

1950~60年代、フランス生まれの小麦粉入れ。

日本には小麦粉入れとして、専門の容器はありませんが、コナモンが主食の国では、塩、砂糖、コーヒー、紅茶、スパイス、ペッパー、それぞれおそろいの容器で、大きさもグラデにキッチンに並びます。さすがFARINE は、大き目の入れ物、米びつみたいなもんでしょうか。

小麦モチーフの器も海外ならでは。我が家の粉台には、こんなコレクションが増えていて、肝心の粉を打つ場所が、狭くなりつつあります・・・・・あかんやろ~

 

 

関連記事

京都フレンチシノワの醍醐味

注目の京都フレンチ、モトイさんへ。大正期のお屋敷を改装した素敵な空間で、ヌーヴェルフレンチシノワ…

春巻定食

鉄板会議の懇親会の打ち合わせで、大阪の老舗中華、大成閣さんへ。丸かぶりを思わせるような大きな春巻き定食をいただきました。具材たっぷ…

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

ページ上部へ戻る