© コナモン資料室 All rights reserved.

新春ビフテキ@人形町今半

  • 人形町を知らないという娘と散策ついでに、訪ねました。
  • 雰囲気といい、接客といい、素直に喜べるお店。
  • 十和田のにんにくは、2Lサイズでそのパリパリ仕上げに感激します。
  • ターナー2本でカバーして焼く小松菜や島根の椎茸も、焼き手のトークも程よく、亡くなった女将(現社長のお母様)のことも伺うことができました。
  • お肉はもちろん美味しく、塩とわさびでペロリと。
  • 脂身は焦がして、焼き飯に。
  • 素材勝負、シンプルイズベストの極致です。
  • ちなみに額の詩は、高村光太郎の「ビフテキの皿」の一節。
  • 雨海先生の弟子でもあった、亡き女将、雨雪さんの素晴らしい書を眺めながら、素敵な新年のスタートです。
  • ジンジャーエールは、ウイルキンソンと高知の生姜入りがあったので、生姜入りでピリッと楽しみました。
  • 定番のすき焼き弁当が生まれた経緯や、女将の人柄などを聴かせてもらいながら、味わいました。
  • 表の看板に蛸やなくて凧を掲げるのも、お正月ならではということです。

関連記事

おかん@ロンドン

12年前に訪ねたロンドン、ブリクストンのおかんさん。昨年からこの状況のなか、女将の奮闘についてさまざまなメディアが紹介してきました。先日も…

岡山〜倉敷

IMG_2244 久々の岡山探訪、暑かったですが楽しむことができました。 …

20217/26

SNS活用セミナー

パンくんさんのSNS活用術など、勉強になりました!…

焼き技30年の安定感@きじ

三代目の安定の焼き技を見に行って、1時間ぐらい話し込んでしまいます!…

そうめんブーム

  東京のそうめん工場の様子が紹介されていました。 恵比寿のそそそさんも楽しいお店ですが、そうめんや乾麺もミニ…

ページ上部へ戻る