© コナモン資料室 All rights reserved.

新春ビフテキ@人形町今半

  • 人形町を知らないという娘と散策ついでに、訪ねました。
  • 雰囲気といい、接客といい、素直に喜べるお店。
  • 十和田のにんにくは、2Lサイズでそのパリパリ仕上げに感激します。
  • ターナー2本でカバーして焼く小松菜や島根の椎茸も、焼き手のトークも程よく、亡くなった女将(現社長のお母様)のことも伺うことができました。
  • お肉はもちろん美味しく、塩とわさびでペロリと。
  • 脂身は焦がして、焼き飯に。
  • 素材勝負、シンプルイズベストの極致です。
  • ちなみに額の詩は、高村光太郎の「ビフテキの皿」の一節。
  • 雨海先生の弟子でもあった、亡き女将、雨雪さんの素晴らしい書を眺めながら、素敵な新年のスタートです。
  • ジンジャーエールは、ウイルキンソンと高知の生姜入りがあったので、生姜入りでピリッと楽しみました。
  • 定番のすき焼き弁当が生まれた経緯や、女将の人柄などを聴かせてもらいながら、味わいました。
  • 表の看板に蛸やなくて凧を掲げるのも、お正月ならではということです。

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る