© コナモン資料室 All rights reserved.

新春ビフテキ@人形町今半

  • 人形町を知らないという娘と散策ついでに、訪ねました。
  • 雰囲気といい、接客といい、素直に喜べるお店。
  • 十和田のにんにくは、2Lサイズでそのパリパリ仕上げに感激します。
  • ターナー2本でカバーして焼く小松菜や島根の椎茸も、焼き手のトークも程よく、亡くなった女将(現社長のお母様)のことも伺うことができました。
  • お肉はもちろん美味しく、塩とわさびでペロリと。
  • 脂身は焦がして、焼き飯に。
  • 素材勝負、シンプルイズベストの極致です。
  • ちなみに額の詩は、高村光太郎の「ビフテキの皿」の一節。
  • 雨海先生の弟子でもあった、亡き女将、雨雪さんの素晴らしい書を眺めながら、素敵な新年のスタートです。
  • ジンジャーエールは、ウイルキンソンと高知の生姜入りがあったので、生姜入りでピリッと楽しみました。
  • 定番のすき焼き弁当が生まれた経緯や、女将の人柄などを聴かせてもらいながら、味わいました。
  • 表の看板に蛸やなくて凧を掲げるのも、お正月ならではということです。

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る