© コナモン資料室 All rights reserved.

山法師の会の鉄板事件

 

満開の山法師の花が玄関で迎えてくれます。

 

打ち上げのときは、おでこに湿布付き。一番奥は岐阜支部長の佐藤円一郎さん。

加藤孝造先生の「山法師の会」は、山法師の花が満開のこの季節にいつも開かれます。去年は昭和8年のたこ焼き、ラヂオ焼を出させてもらいましたが、今年はオーソドックスなたこ焼きを焼かせてもらいました。

お昼からお天気になり、多治見で一番人気のラーメン屋さんに麺を入れてる製麺屋さんのラーメンや、御幣餅など、おいしいもの満載で、爽やかな楽しい一日となりました。

最後の片付けのとき、事務局長がたこ焼きの鉄板の掃除をしているところに、頭を突っ込んでしまい、角におでこをぶつけて、痛さのあまり大泣きしてしまいました。「コーン」といい音が響いたらしく、切れなくて幸いでした。が、大きなコブができました。先生に湿布をいただいたり、お騒がせして申しわけありません。

 

 

関連記事

焼きそば50種、食べくらべ@女性セブン

50種類のおうち焼きそば特集@女性セブン 大好評の食べ比べ特集、おうち焼きそばに会長熊谷が参戦! 塩崎さん、みかさ社長、まるしょ…

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

ページ上部へ戻る