© コナモン資料室 All rights reserved.

山法師の会の鉄板事件

 

満開の山法師の花が玄関で迎えてくれます。

 

打ち上げのときは、おでこに湿布付き。一番奥は岐阜支部長の佐藤円一郎さん。

加藤孝造先生の「山法師の会」は、山法師の花が満開のこの季節にいつも開かれます。去年は昭和8年のたこ焼き、ラヂオ焼を出させてもらいましたが、今年はオーソドックスなたこ焼きを焼かせてもらいました。

お昼からお天気になり、多治見で一番人気のラーメン屋さんに麺を入れてる製麺屋さんのラーメンや、御幣餅など、おいしいもの満載で、爽やかな楽しい一日となりました。

最後の片付けのとき、事務局長がたこ焼きの鉄板の掃除をしているところに、頭を突っ込んでしまい、角におでこをぶつけて、痛さのあまり大泣きしてしまいました。「コーン」といい音が響いたらしく、切れなくて幸いでした。が、大きなコブができました。先生に湿布をいただいたり、お騒がせして申しわけありません。

 

 

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る