© コナモン資料室 All rights reserved.

第52回 だいげん

☆★☆ たこやきめぐり 第52回 ☆★☆

マドンナも食べた元祖ピザボール
-  だいげん -

  「たこやき全国制覇の謎」という記事が、ついにアエラに登場した。
アエラには「COOL」という、最近力を入れているというコーナーがあり、最初そこに「たこやき」で3人出せないかという企画を、和歌山出身大阪在住のお茶目なライター山下里加さんからもらい、「21世紀のたこやき業界をリードする3人」
ぐらいでくくってはどうかなどと話していた。
が、どうやらアツアツのたこやきにはスタイリッシュなそのページが合わないと判断され、新たに向井香さんという記者のインタビューに応じることになったわけである。
道頓堀くくる本店 店頭
大阪名物びっくりたこ焼き
 まあこんなたこやきネタにまつわる話は山ほどあるのだが、第2次ブームとして認知され、しかも各局がこぞってたこやき特集を組む御時世になったんだと、タコヤキストとしてはうれしい悲鳴てなわけであります。
 さて、きょうは私の生まれた年に創業していた老舗でありながら、
 なぜか私は遠巻きにしか観察していなかった、だいげんをご紹介します。
 だいげんのインターネット部門をまかされている小谷克仁さんからの熱いメールによって尋ねたのは、北新地のなかでも、今話題のスポット、たこやき小路をぬけたところ。
 だいげんの味をつくった石崎茂さんには会えなかったものの、息子の勲さんが待っていてくださった。
 開口一番、「なんで今までうちを取材してくれなかったんですか」。
 聞くところによると、約20年前、アサヒグラフにたこやき特集が組まれたときにも、だいげんさんと私は同席していたという。
 もちろん茶屋町のたこせんも食べたし、新地の店の前もしょっちゅううろついていながら、不覚にも私は素通りしていた幻の名店。
 やっと出会えた恋人気分で、昔から知ってるような楽しい取材をさせてもらった。
 だいげんの特徴はなんといっても、ピザボール
 チーズ&ウインナー入り、マドンナも来店して食べたというインターナショナルな味。
 実は広島出身のオーナー茂さんは、かつての大リーガー、ジョー・ディマジオが来日したときも、その隣りにいたマリリン・モンローと握手したそうで、なかなか話題の尽きない店なのである。
びっくっりたこ焼き製造中

 ピザボールについては、1985年頃、全国に先駆けて大阪だけでブームになった変わり種たこやきだが、
火付け役であり、今もなおメインメニューにしているとは、この店の存在意義を語るに充分な要素といえるだろう。
 もちろんオーソドックスなたこやきもある。
ソース、醤油味、そしてエビをつかったえび焼き、他にももち、コーン、スペシャルとバリエーション豊か、新地らしい品揃えがうれしい。
たこ焼き8個
山本明宗課長と真菜さん
 注文を受けてから焼くので、しばし鉄板をのぞいて待つのもいいだろう。
 鍋も少し変わっている。スズと銅のテフロン鍋ではじめはお箸の2本遣い
両手に持つのではなく、片手で御飯を食べるように持って引っ繰り返すのが珍しい
早速私も挑戦してみたが、意外とむずかしいのだ。
焼けてきてクルクル返すのは、ハリで。
こういう2段階のハリ遣いもなるほどと納得させられた。。
 
 ふんわりソフトながら、皮はしっかりあって、また味が洋のおいしさを取り入れているものだから、若い世代?としては充分満足できる仕上がりだ。
 だいげんの由来も「大きく元気に育つように」ということで、これからは贔屓にしたいお店。
 一度1300円というエビ、タコ、もち、チーズのスペシャルも味わってみたいものだ。(2001.6.8)。

おいしそうなたこ焼き

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名だいげん アメリカ村店
住 所大阪府大阪市中央区西心斎橋2-11-3
地下鉄地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅下車 5番出口より徒歩2分
TEL06-6213-0550
営 業AM11:00~21:00
定休日なし
席 数カウンター10席
※ (追記) 取材当時は、(大阪府大阪市北区堂島1-3-9 日宝堂島センタービル1F)にありましたが、現在お店は探偵メモ記述の住所の場所に移転しています。(メニュー、価格等未確認。)
(2003年2月現在)


H12.8.25現在のメニュー

たこ焼き(ソース 10個) 500円
たこ焼き(しょうゆ 10個)  500円
もちたこ焼き 600円
えび焼き(しょうゆ)700円
もちえび焼き(しょうゆ)800円
えびたこ焼き 1,000円
チーズたこ焼き 600円
もちチーズたこ焼き 700円
チーズえび焼き 700円
もちチーズえび焼き 900円
スペシャル焼き(えび、たこ、もち、チーズ) 
1,300円
ピザボール 600円
もちピザボール 700円
コーンピザボール 600円
もちコーンピザボール 700円


探偵のコメントかな探偵のコメント
真菜さんが北新地学会の抜け道調査で名づけた「たこやき小路」。抜け道の両側がたこ焼店で、その片方がここ、もう一つは「たこ八」。
「だいげん」の名前は、私にとっては、茶屋町の「たこせん」の店というイメージが強いが、ピザボールが売りのこの北新地店の方が歴史もあり、北新地で楽しむ人たちの人気のスポットだったのだ。(吹田店の方が歴史は古いが。)
ピザボールは、一般的なたこやきより洋風で、表面はピザをコリッと焼いたような感じ。
小粒サイズでコリコリとした歯ごたえ、たしかに名前とおりピザ風。
でも、中身はしっかりやわらかい。さらに、チーズの味わいや、タコの代わりにエビを使ったエビ焼きの味など、ユニークなたこやきだ。
たこやきを焼くときのひっくり返しを2本のお箸をつかっていたのに驚いた。

今回はお休みです。

発信日:2001年8月28日

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る