© コナモン資料室 All rights reserved.

文化功労者発表!

 

会長熊谷の師であり、協会筆頭相談役の石毛直道先生が、
このたび、文化功労者の選出されました。

文化功労者は、文化の向上発達に関し特に功績顕著な方に授与されるものです。

2013年12月4日に、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、
熊谷が理事をつとめる全日本・食学会の働きかけもあり
2017年11月、文化芸術基本法に「食文化」というワードが入りました。

食文化の継承は喫緊の課題という文化庁の動きのなかで
今回の栄誉は、食文化研究を柱とする当協会にとっても、ありがたいことなのです。

20年前、協会設立まえに、コナモンの定義づけをお願いしたことがあるんですが、

先生は、「それは慌てて決めなくても、楽しくおいしく調査研究を進めていたら、おのずと形が見えてくるでしょう」とおっしゃいました。

先生の予言通り、日本コナモン協会はコナモン学の最先端を味わいながら、

各地の携わる方々と連携させていただいています。

皆さんとともに喜びを共有させていただき、
石毛先生のお力添えをいただきながら、今後の活動をさらに充実させていきたいと存じます!!

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る