© コナモン資料室 All rights reserved.

文化功労者発表!

 

会長熊谷の師であり、協会筆頭相談役の石毛直道先生が、
このたび、文化功労者の選出されました。

文化功労者は、文化の向上発達に関し特に功績顕著な方に授与されるものです。

2013年12月4日に、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、
熊谷が理事をつとめる全日本・食学会の働きかけもあり
2017年11月、文化芸術基本法に「食文化」というワードが入りました。

食文化の継承は喫緊の課題という文化庁の動きのなかで
今回の栄誉は、食文化研究を柱とする当協会にとっても、ありがたいことなのです。

20年前、協会設立まえに、コナモンの定義づけをお願いしたことがあるんですが、

先生は、「それは慌てて決めなくても、楽しくおいしく調査研究を進めていたら、おのずと形が見えてくるでしょう」とおっしゃいました。

先生の予言通り、日本コナモン協会はコナモン学の最先端を味わいながら、

各地の携わる方々と連携させていただいています。

皆さんとともに喜びを共有させていただき、
石毛先生のお力添えをいただきながら、今後の活動をさらに充実させていきたいと存じます!!

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る