© コナモン資料室 All rights reserved.

フランチャコルタとfagotelli @MyS

30代の若手シェフの考え方や技のセンスに感動することが多くなりました。

こちらの菱田シェフは、マルケージほか、イタリアのレストランでの修業だけでなく、ペルーでも経験があり、おいしさと楽しさと情報量が半端ないひとときなんです。

今回も、立命館大学食マネジメント学部の和田教授とおじゃまして

私の生まれ年に誕生したという、フランチャコルタをいただきながら、

ポレンタ、島本ジビエの鹿タルト、松阪牛のファゴテッリ、ピザ生地を薪焼きしただけなのに、とんでもなくおかわりしちゃうパン、卵なしでとろける食感のニョッコフリットや、イタリー産のフレッシュポルチーニのパスタなどなど、コナモンを意識してのコースに感謝です。   

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る