© コナモン資料室 All rights reserved.

赤湯の焼きそば

蕎麦や稲、トウキビの実りを眺めながら赤湯へ。

こちらの南陽町は、温泉とラーメンの町だそうです。

昭和33年からの龍上海さんは定休日。

でも22歳から46年やってるという、さかえ食堂さんの

2度蒸しの焼きそばを頂くことができました。

スープも合います!

中華は手打ち、創業から仕込みの丁寧さは変わってないのが凄いことです。

関連記事

赤天ぶっかけと竹豚中華

  3/2まで小田急新宿店で開催中です! …

軍鶏尽くしと白湯自家製麺

てんぷら近藤さん監修商品発表

天ぷらの神様、銀座てんぷら近藤監修の商品がリリースされました。 バイオレットを半世紀以上、いまも現役で使い続けてくだ…

お茶の水大勝軒

大勝軒といえば、山岸さんのお姿が浮かぶ人も多いでしょう。 私も池袋のお店でご挨拶させてもらったことがつい最…

つけそば@中野大勝軒

長野の蕎麦屋がゆかりという、つけそば、つけ麺の大御所、大勝軒ブランド。 中野大勝軒は、その核となるお店です。 暖簾をくぐる…

ページ上部へ戻る