© コナモン資料室 All rights reserved.

3時間の串焼き劇場

新宿の鳥茂さん、3回目は一人だったので、常連席のカウンターに通されました。

焼く手元がみえるように、料理教室のような鏡がついてる真ん前です。

社長は、この店のすべてを把握しながら、手元も止めず、目は店内を見通し、店員たちを叱咤激励しながら

お客さん一人一人に気配りを止めません。

3時間いても、退屈しないのは、この店が明るさと元気さでもてなし、おまけにおいしいお料理をだしてくれるという

真の飲食店だからだと思います。

お帰りの客に、手の空いてる人はみんなで階段までお見送りする姿勢もその一つで、

こんなお店に出会えた私は幸せをかみしめながら、社長の熱い思いをほおぼるのでした。

コナモンはにゅうめんぐらいなんですが、タンパク質とデンプンの絶妙なバランスを知る、こちらのスタイルに、

学ぶことはたくさんあるのです。

関連記事

夏の麺益力、協会おすすめレシピサイト

  ■栄養バランスばっちり麺類で、麺益力あげあげ! 夏の麺益力、麺類編の日本コナモン協会監修メニューサイトが ヤマサ醤油「なるほ…

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ページ上部へ戻る