© コナモン資料室 All rights reserved.

433/ いざ富士吉田へ

いざ富士吉田へ いざ富士吉田へ いざ富士吉田へ

今朝は4時に起きて、原稿書いて、娘の弁当作って、新幹線は新横浜で降りて、八王子から、特急甲斐路に乗って山梨県に向かっています。

富士吉田には12年前、ギャラリーナノリウムのオーナーからたこ焼きの講演をたのまれて、なぜか家族でおじゃましたきりでした。 思いつきで富士山に登ることになって、トレッキングシューズを買い5合目から出発したものの、子供らもまだ小さくて、9合目で後戻りした苦い思い出があります。 でも富士吉田の中心部では、ちょうど火祭り。たくさんの大きな松明が見事でした。 当時は吉田うどんの店も今みたいに多くなかったと思います。 そんなご縁のある町に、今日は再会でーす!

大月から富士急行に乗りかえて、都留文科大学前が、標高503m、月江寺や富士吉田は800m、電車は富士山をみながら、かなりの勾配であがっていきます。鉄道ファンならずとも、わくわくする路線ですね。

関連記事

焼きそば50種、食べくらべ@女性セブン

50種類のおうち焼きそば特集@女性セブン 大好評の食べ比べ特集、おうち焼きそばに会長熊谷が参戦! 塩崎さん、みかさ社長、まるしょ…

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

ページ上部へ戻る