© コナモン資料室 All rights reserved.

パリパリなのに、もっちりの理想のクレープ

プラザ合意もあった歴史的なホテルは、宿泊者以外は地下のフードコートしか出入りできないんです。

でも充実したショップが並んでて、エロイーズの部屋では、たこの絵本とぬいぐるみも。

なんだかニューヨークでは、蛸キャラがブームのようです。

地下のクレープ屋さんで、甘いタイプのベリートッピングをお願いしました。

昨年ロサンゼルスでもクレープには感動したんですが、今回もまた感激!

パリパリなのに、その薄さのなかにもちもちを同居させたクレープだったんです。

香ばしさと噛み応えのある生地のねばり。

ナイフとフォークでなく、ハンディでかぶりつくことで、美味しさがさらに体感できたのかもしれません。

どのケーキも、パンも、キッシュも気になり、チーズやほかの味も試してみたかったんですが、また次回のお楽しみにしましょう。

ミニミニドーナツメーカーなど、お店の工夫もあちこちで観察できました。

 

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る