© コナモン資料室 All rights reserved.

104/たこ焼きを焼けるライターさん

「産業新潮」の取材で大阪支社におじゃましました。インタビュアーの岸澤香織さんは、なんと針中野の出身、たこ焼きの老舗、針中野会津屋でバイトしたこともある、たこ焼き娘、ということが判明しました。

文献も読み解けるたこ焼き娘は、私の本もきちんと読んでくださっていて(最近、相手の作品を目を通さずにインタビューする記者なんかもいるんですよ・・・)、超盛り上がりのインタビューとなりました。

夕方は、熊五郎のメンバーとお好み焼きの「きじ」さんで集合して、ひととおり注文しました。キャベツは細かく、生地はオーソドックス、昔っからの家庭の味わいです。モダン焼きのソバは、しっとりとソースがからんでいて、これはこれでクセになりそうです。

食べるのとしゃべるので写真を忘れていたので、写真は Fire King Wheat custard cup です。最近、粉がらみのコレクティブル(アンティークまでは古くないけど、1930年代から1960年代の雑貨たち)にはまってまして、ここでもいろいろご紹介していきます。

 

 

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る