© コナモン資料室 All rights reserved.

104/たこ焼きを焼けるライターさん

「産業新潮」の取材で大阪支社におじゃましました。インタビュアーの岸澤香織さんは、なんと針中野の出身、たこ焼きの老舗、針中野会津屋でバイトしたこともある、たこ焼き娘、ということが判明しました。

文献も読み解けるたこ焼き娘は、私の本もきちんと読んでくださっていて(最近、相手の作品を目を通さずにインタビューする記者なんかもいるんですよ・・・)、超盛り上がりのインタビューとなりました。

夕方は、熊五郎のメンバーとお好み焼きの「きじ」さんで集合して、ひととおり注文しました。キャベツは細かく、生地はオーソドックス、昔っからの家庭の味わいです。モダン焼きのソバは、しっとりとソースがからんでいて、これはこれでクセになりそうです。

食べるのとしゃべるので写真を忘れていたので、写真は Fire King Wheat custard cup です。最近、粉がらみのコレクティブル(アンティークまでは古くないけど、1930年代から1960年代の雑貨たち)にはまってまして、ここでもいろいろご紹介していきます。

 

 

関連記事

20247/19

飲茶食堂@湾仔

香港の湾仔駅出てすぐの飲茶食堂へ。菜の花をコリコリ食感にしためちゃくちゃおいしい菜心苗炒め、鶏足醤油煮、焼売、海老餃子など飲茶の定番を注文。…

20247/19

#ramen with Takoyaki @香港

2014年創業、香港島で人気の黒龍さんで、つけ麺、餃子を頂きました。濃厚牛すじダレが極太麺にからみます。去年から仲間入りした、たこ焼きも揚げ…

20247/7

ピンチョスのヒルダ!

サンセバスティアンのピンチョスの代表格ヒルダ発祥のお店、Casa Valles さん。インディージャー、オリーブ、イワシのハーモニーは見た目…

20247/6

サンセバスティアンのバスチー

サンセバスティアンといえば、バスクチーズケーキ。ガトーバスクと一緒に買って、最近増えてるというバスクチーズケーキ専門店と食べ比べしました! …

20247/6

サンセバスティアンの哲学レストラン

知る人と知るサンセバスティアンの哲学レストラン、ムガリッツデビュー! 4時間の体験から、頭脳をフル回…

ページ上部へ戻る