© コナモン資料室 All rights reserved.

米原駅の立食いうどん

名古屋駅ホームのきしめんは、時間切れであきらめ、新幹線から在来線に乗り換える米原の15分で立ち寄りました。

ポスターの文言とは裏腹に麺は褒められません。でもマドリードのうどんに比べればハイレベル。しかもおだしの美味しさは、この季節、とくに沁みます。

名ばかりのかき揚げもサクサク、一味もいいので、麺も改良すれば、米原駅の人気者になりそうです。

 

 

 

関連記事

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

おうちコナモンニュース

2020年5月23日の朝日新聞記事。 売り場から小麦粉が消える現象も話題になり、おうちコナモンに関するメディアの紹介も多かったです…

伝説のお好み焼

五味焼をはじめたお店はどこなんでしょうね。 90歳の父が学生の頃、五味焼が流行したようです。…

パントレンド

美津の焼

ページ上部へ戻る