© コナモン資料室 All rights reserved.

第46回 タコダコ

☆★☆ たこやきめぐり 第46回 ☆★☆

タイ、バンコクの新しい食トレンド
-  タコダコ-

 今回のたこやきめぐりは海外編、ということで、タイのバンコクにあるお店をレポートします。
 「タコヤキスト、アジアのコナモンを食べ歩く」というタイトルになりそうな、アジア紀行。実はふりかけを探る、コナモンというよりは米料理の発見の旅。
 頼りない私に同行してくださったのは、東南アジアの食研究者であり、カレー大魔王の異名をとる森枝卓士さん。
 余談になるが滞在したのは、世界でも有数の上質なホテルとして名高いスコータイホテル
 泊まる所はどうでもいいと思っている私でも、このホテルは別格。
 空間のデザイン、サービス、何もかもがすばらしい。快適さのなかにも暖かさと優しさがあふれているから、プールでものんびり一人で楽しめる。
 スコータイ王朝の遺跡をレプリカにして、そのコンセプトで建てられたスコータイホテル。
 タコダコ

 そのスコータイホテルの日本人スタッフ齋藤尚志さんと栃木修子さん。
齋藤さんにはレストランセルドンでの撮影など、たいへん御世話になり、また栃木さんには貴重な情報を教えてもらった。
 英語もタイ語もだめな私に、栃木さんの日本語はことのほかやさしい。彼女は数年前からタイに住んでいるが、最近たこやき屋さんをみかけるようになったという。
 この近くにもあります、ということで、私たちはあわててでかけたのだった。
 スクンビット通りに面した新しいファッションビル、エンポリアムの5階に、栃木さんの話す店はあった。
 さらに運よく、中華系のタイ人、ソムキャット・ワンサクルシャイ、通称文(ぶん)さんに、会うことができたのだ。突然おしかけたのに、ラッキーとしかいいようがない。
 文さんは30歳。12年前、日本を旅行し、ナンバで初めて食べたたこやきに魅了された人。
 兄のソムシャイさんは横浜の元町でテラス・オブ・バンコックというレストランをしている。
 8年前に、たこやき屋をバンコクで開くがもうひとつ期が熟していなかった。2000年2月、このビルのオープンとともに再度挑戦。いまではこのフロアーの人気店になっている。
 天かすは自家製。タコ、コナは日本から輸入。道具なども日本から。カノンクロック・ジープン(日本のカノンクロック=焼菓子)=たこやきは焼き方もできあがりも日本のとまったく同じ。ただしソースは赤く、ケチャップ味を強くしている。
 メニューはタコ、海老、カニカマボコ、ハム、野菜の5種類。4個45バーツ(約140円)、8個85バーツ(約260円)。
 30バーツも出せば、うまい麺料理が食べられることを考えると、非常に高価である。
 1番人気はタコ、次にカニカマボコ。日本発カニのコピー商品がロシアで生産され、今やアジアの人気食材になっているのだ。

 タコダコ
 そしてたこやきもまた、タイに根づこうとしているという。文さんの店以外にもたこやき店は増えている。日本料理店でも冷凍たこやきを温めてメニューになる。24時間の巨大スーパーマーケットでも冷凍たこやきが販売されている。
 文さんの笑顔とたこやきの味に、日本のタコヤキストは感激の涙が出そうになった
 日本のマンガでたこやきを知ったというタイの人たち。夜スコータイの一室でタイ式マッサージをしてくれたカニタさんも、たこやきはおいしい、大好きと微笑んでくれた。
 まさにコップンカー(ありがとう)な一日だった

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る