© コナモン資料室 All rights reserved.

972/ 脇坂



脇坂というお好みのお店を長年探索していまして、やっと出かけることができました。

看板もメニューも値段表も何もない、ただ大きな鉄板と、すごみのある年配のおばちゃんがいるだけの空間。そこでは常連客がひたすらもくもくとテコを動かして食べるだけ。

私らみたいにのんきな食べ比べ・・・に盛り上がっているような客は必要ない店なのです。

緊張します。なんていっていいか。おばちゃんに嫌われんよう、もくもくと食べます。あんまり質問もしません。具材が豚とイカしかない、という潔さも驚きでした。

焼きそばも、ウドンモダンも、洋食も◎ 背の低いおばちゃんが、作業しにくそうな高めの鉄板で、一見おおざっぱな焼き方をみせますが、ある意味無駄のない動きです。

よそもんの私らとしては、次回もまたおじゃましてよろしいでしょうか?

という気分でお金を払うしかないのです。おそらく1枚400円ぐらい、値打ちのあるお店でした。

関連記事

20247/19

飲茶食堂@湾仔

香港の湾仔駅出てすぐの飲茶食堂へ。菜の花をコリコリ食感にしためちゃくちゃおいしい菜心苗炒め、鶏足醤油煮、焼売、海老餃子など飲茶の定番を注文。…

20247/19

#ramen with Takoyaki @香港

2014年創業、香港島で人気の黒龍さんで、つけ麺、餃子を頂きました。濃厚牛すじダレが極太麺にからみます。去年から仲間入りした、たこ焼きも揚げ…

20247/7

ピンチョスのヒルダ!

サンセバスティアンのピンチョスの代表格ヒルダ発祥のお店、Casa Valles さん。インディージャー、オリーブ、イワシのハーモニーは見た目…

20247/6

サンセバスティアンのバスチー

サンセバスティアンといえば、バスクチーズケーキ。ガトーバスクと一緒に買って、最近増えてるというバスクチーズケーキ専門店と食べ比べしました! …

20247/6

サンセバスティアンの哲学レストラン

知る人と知るサンセバスティアンの哲学レストラン、ムガリッツデビュー! 4時間の体験から、頭脳をフル回…

ページ上部へ戻る