© コナモン資料室 All rights reserved.

闘いの香港飲茶

陸羽茶室と蓮香楼

ほど近いとこにある、香港飲茶のツートップですが、

お味もメニューも雰囲気も真逆。

どっちが好きかは、好みと気分で選ぶとして、香港人の妻を持つマレーシア華僑の知人、ここがいいと言います。

蒸し立ての鶏足ひき肉椎茸や、マーラーカオが運ばれてくるとお客さんがどっと周りを取り囲み、ものをもらうと、

伝票にハンコを押してもらって、自分のテーブルで爆食する。

麺類も野菜炒めもどれもリーズナブルで外れ無し。

中国本土でも、この光景はなかなか珍しいと思います。

闘いのような飲茶は、また香港に来た!という喜びを噛み締めるひと時なんですが

知人によると、別のとこに移転するそうで、この雰囲気がどうなるのか、気になります。

関連記事

春満載のてんぷらの恵み

近藤さんとの出会いは、東京事務所長田中が近藤さんファンだっとこと、その後、全日本食学会の理事会でもお目にかかるようになり、10年近くになりま…

コナモンbook

ポンテヴェッキオ山根シェフの世界

山根シェフの実は繊細かつ、見事な感性、そして情熱がこのひとときに凝縮していました。肉肉学会さんに、大阪に、イタリアに、シェフの35年に感謝…

からあげグランプリ金賞商品

からあげ絶好調、しかもおいしい!! …

KONAMONスマイルプロジェクト@ABCクッキング

昨年からスタートした、ABCクッキングのKONAMONマスターレッスン。 全国のどの教室でも受講できるので、気が向いたときに予約して楽しく…

ページ上部へ戻る