© コナモン資料室 All rights reserved.

ペンネ&リングイネ

1980年前後、グルメブーム到来寸前の時代、パスタという言葉は日本にはなく、スパゲッティだけがありました。

いま活躍する人気イタリアンシェフによれば、ミートソースぐらいしか知らなかったから、ボンゴレやトマトソースのスパゲティを見て、感激したと話します。

1982年頃、師匠の多田道太郎(日本文化論、フランス文学者)は、海外で食べたリングイネがお気に入りになり、

東京のレストランでも、リングイネのあるお店を探して連れていってくれました。

やがて、スパゲッティはロングパスタの1種で、マカロニもショートパスタの1種ということがわかってきて、

ペンネやフジッリ、オレキエッテなど、ソースがからむよう、いろんな形が工夫されていると知るわけです。

1980年代はグルメという言葉が定着し、フランス料理のフルコースがブレイクしたあと、イタリアンレストランがどっと増えていきました。

バブル崩壊後は、気軽に手軽に楽しめるイタリアンがフレンチ人気を上回っていきます。

パスタの故郷も中国と言われますが、イタリアの豊かな食材に出会って、生パスタが乾燥され、

時代によっては遺言とともに次世代に受け継がれるほど、大事にされてきました。

パスタとピッツァ、イタリーの生んだツートップは、いまや世界で愛され、根付いています。

関連記事

春満載のてんぷらの恵み

近藤さんとの出会いは、東京事務所長田中が近藤さんファンだっとこと、その後、全日本食学会の理事会でもお目にかかるようになり、10年近くになりま…

コナモンbook

ポンテヴェッキオ山根シェフの世界

山根シェフの実は繊細かつ、見事な感性、そして情熱がこのひとときに凝縮していました。肉肉学会さんに、大阪に、イタリアに、シェフの35年に感謝…

からあげグランプリ金賞商品

からあげ絶好調、しかもおいしい!! …

KONAMONスマイルプロジェクト@ABCクッキング

昨年からスタートした、ABCクッキングのKONAMONマスターレッスン。 全国のどの教室でも受講できるので、気が向いたときに予約して楽しく…

ページ上部へ戻る