© コナモン資料室 All rights reserved.

墓碑銘2017

ある番組で、今年亡くなられた方の特集をしていました。

その中で、お二人もお世話になった方がおられました。

日野原重明先生と船村徹先生。

日野原先生は平和のことを強く願っておられて、恩師の鶴見先生との親交でご縁をいただきました。

私が50歳になったとき、細谷理事にそのご報告をすると、

うちのボスは、100歳だから、まだまだ半分と笑われてしまいました。

先生は、人間は機能的には110歳まで生きられるとおっしゃっていたのに、

5年短かったのが残念です。

船村先生は第一回B-1グランプリ八戸大会でご一緒して、連日お食事をいただいたのを思い出しました。

当時付き人の走さんが、うちの林事務局長とともに先生や石毛先生のリクエストに応えて、

まさに走り回っておられました。

先生が手を出されると、七味やお酢など、調味料をさっと手渡しておられたのも印象的でした。

今年も大きな恩師、日本の宝を失いました。先生、本当にありがとうございました。

関連記事

おかん@ロンドン

12年前に訪ねたロンドン、ブリクストンのおかんさん。昨年からこの状況のなか、女将の奮闘についてさまざまなメディアが紹介してきました。先日も…

岡山〜倉敷

IMG_2244 久々の岡山探訪、暑かったですが楽しむことができました。 …

20217/26

SNS活用セミナー

パンくんさんのSNS活用術など、勉強になりました!…

焼き技30年の安定感@きじ

三代目の安定の焼き技を見に行って、1時間ぐらい話し込んでしまいます!…

そうめんブーム

  東京のそうめん工場の様子が紹介されていました。 恵比寿のそそそさんも楽しいお店ですが、そうめんや乾麺もミニ…

ページ上部へ戻る