© コナモン資料室 All rights reserved.

月島もんじゃストリート

おみ

もんじゃの歴史を新聞社からたずねられた日に、別件で、もんじゃめぐりをしました。

1980年代、40年まえは、もんじゃストリートではなく、普通の商店街で、もんじゃ屋さんも10軒もなかったと思います。

お店は表通りにはほとんどなく、初めて取材させてもらったもんじゃ屋さんも、路地にはいったところにありました。

上州屋さんというお店でしたが、そこの女将さんは、昔は100円もんじゃだったけど、最近は高くなったよね・・と。そのときは、500円くらいで、もち明太子の姿もなかったのです。

それから、めんたいこがもんじゃにはいると、お値段もあがりますし、お味も大人が喜ぶお酒に合うものになり、いまの月島もんじゃブームになったのでした。

関西人は、見た目で嫌がりますが、焦げ目を上手にはがしながら、ドロドロの部分をあわせると、たこ焼きにも似た食感で、感動したのを覚えています。

今となっては、当たり前な月島スタイルの焼き方も、当時は定番ではありませんでした。

ちなみに古いスタイルは、もんじゃの師匠が教えてくれましたが、その焼き方で月島出入り禁止になったそうです。

というわけで、月島というお店で、餅めんたいやべビスタ―チーズを楽しみ、次のお店に移動するのでした。

関連記事

初の麺益力フェア‼︎

「麺益力」フェア@イオン近畿 1月13日~19日 イオン近畿エリアの各店舗さんにて開催! なるほど麺益力! はコチラ↓ http:…

和食のユネスコ無形文化遺産登録の経緯

2012年の設立時から理事を勤めさせて頂いている全日本食学会の理事長村田さんが主役の特集がありました。2013年12月4日登録されたユネ…

今年も多幸からお雑煮うどんまで

うどん棒さんのお雑煮うどん(期間限定)は、あん餅がはいります。 香川では、お雑煮にあんもち、という風習がありましたが、明治時代から …

からあげムービー封切り‼︎

今年もお世話になりました! 当協会八木顧問が今年の締めくくりに製作、先ほどアップされたので、ご案内まで🍗 私も初エキストラを経験し…

完熟スダチと栗の醍醐味

近藤さんの12月、同級生をさそっておじゃますることができました。 薩摩芋と人参は特別にお願いすることにして、あとはおまかせコース。 食通…

ページ上部へ戻る