© コナモン資料室 All rights reserved.

ホワイトフラット発見

仙台で知った、ホワイトフラットコーヒー。

以下、WEBサイト「コーヒータウン」

https://www.ejcra.org/column/ca_63.html

から引用させてもらいますと・・

スチームミルクたっぷりのエスプレッソドリンク

フラットホワイトとは、エスプレッソにミルクを合わせたドリンク。下からエスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの順に3層を織り成すように、丁寧に重ねていきます。
きめ細かなスチームミルクを使うのが特長。フォームミルクは少なめで、表面にはエスプレッソのクレマが浮かびます。そのため、ミルクをたっぷりと使いながらも、エスプレッソの濃厚なコクや苦みをひと口目からしっかり感じられます。
ただし、フラットホワイトの作り方には厳密な定義はないと言われています。エスプレッソとミルクの割合、ミルクのスチーム度合いなどは、提供するコーヒーショップによって異なるようです。

 

南半球のカフェではメジャーな存在

南半球を旅したことがある方ならご存じかもしれませんが、フラットホワイトは南半球、特にオーストラリアとニュージーランドのカフェメニューとして有名です。
始まりは1990年代に始まったコーヒーのセカンドウェーブ。エスプレッソドリンクのブームが世界中を席巻していた時代です。当初、オーストラリアやニュージーランドではエスプレッソにミルクを加えたドリンクをホワイトコーヒーと呼んでいました。やがてフォームミルクを平ら(=フラット)に乗せた見た目から、フラットホワイトとのネーミングが定着したとされています。
近年はアメリカやヨーロッパにもフラットホワイトの人気が広がり、ここ数年で日本でも注目されるようになったのです。

以上抜粋ですが、ミルクの違いもあるようで、ラテ系好きにはうれしい情報が満載でした。

 

そして・・渋谷にも、ホワイトフラットございました!

店長も仙台出身で、お話がはずみました。

本格的なラテ技、パスタもおいしいので、あわせておススメです。

関連記事

出発前のお好み焼@千代

l 最強寒波に備え、大阪に前泊します。腹ごしらえも大事なので、閉店前の千代さんにギリギリセーフで入店しました。豚玉、そばロール、洋食焼を…

20231/24

すなば珈琲@鳥取

スタバはないが、日本一のスナバはある! 平井知事の名言から2014年にオープンしたすなば珈琲」。1年後、スタバが来た時は「大ピン…

始まりは、たこ焼き@日経

●1/23(月)から27日(金)まで 日経新聞(夕刊)の「人間発見」にて、61年のコナモン人生「始まりはたこ焼き」が、5日連続の…

おこバーグ@鳥取

2006年からというお好み焼店で、大根サラダ、おこバーグ、イカのカレー焼うどん、話題のホルそばを頂きました。2…

大阪の煎餅文化@播彦さん

煎餅組合さんの新年会でお話させて頂き、お土産に播彦さんのお煎餅をもらいました。関西でお煎餅というと小麦粉系で、米系のお煎餅はおかき。でも「あ…

ページ上部へ戻る