© コナモン資料室 All rights reserved.

浪速割烹2代目の世界

天神坂の上野さんの時代から、2代目さんに受け継がれ、いまでは、3代目さんも厨房にはいっておられます。

お好みで選ばせてもらったので、合間にはさんでいただいたお料理も逸品ぞろいで、堪能させていただきました。

それにしても〆の稲庭うどん、本場の佐藤養助さんの社長にも召し上がってもらいたいくらい、最適温度と〆方、盛り方で感動。つゆがまた美味しくて、飲み干しましたよ。

デザートも、欲張ってぜんぶ盛りに!

歴史と技と味覚と文化・・絢爛豪華な大阪のおいしいDNAが、こうして花ひらいているのが幸せです。

関連記事

最愛のビーガンフレンチ

30歳代の若手シェフの活躍がめざましいこのごろ、 こちらのお店も、フレンチの井口シェフなら…

ハンバーガーいろいろ

東京ではモスバーガーのプレミアム店、クラフトビールもある専門店、ホテルのランチコースにもハンバーガーが…

ケサディージャ!

ピザが世界の定番になっているのは、やはりチーズの存在が大きいと思うのですが、 ケサディージャもチーズが決め手、ピーマ…

フレンチパン粉?!

コロナで、小麦粉が売り場からなくなった時、パン粉だけは残っていた・・という視点で …

てんぷらブーム@毎日放送ミント

関西はいま天ぷらチェーンが増えているそうです。 そのスタイルが関東に広がる日も近いか…

ページ上部へ戻る