© コナモン資料室 All rights reserved.

2052/ 駄菓子屋もんじゃの名店@足立区

足立区、荒川区、台東区あたりは、昔ながらのもんじゃが健在です。

以前、町屋の駅前でもすてきなもんじゃ屋さんがありましたが、どんどん減っているので寂しい限り。

でもこちら、「さくらい」さんは、昭和45年から40年も続いている名店で、店主のミツエさんもお元気、120歳まではがんばるとおっしゃってます。

100829_1522~02.jpg

キャベツ、切りいか、天かす、青のり・・シンプルですが、表情のあるもんじゃ。

切りいかは細かくされてて、天かすは近所の手作りのもの。ソースはもともとアズマソースでしたが、会社がなくなりユニオンに変わったそうです。

100829_1522~02.jpg

常連の子供たちが書いた張り紙もかわいらしい!

100829_1522~02.jpg

たまご40円、ドリンク20円。

私は全部、注文させてもらいました。

100829_1522~02.jpg

ほら、かわいいミツエさん。こんなチャーミングな歳のとりかたしたいですよね。

100829_1522~02.jpg

トッピングのラーメンもいろいろありますが、ベビーラーメンといって、

桐生でしかつくってない味付けなしのがおすすめだそうです。

夏はお休み・・というお店をわざわざあけてもらって、感動の出会いとなりました。

次回はいつ、とはいいませんが、必ずおじゃまさせてくださいね。

 

関連記事

軽羹の魅力

各地においしいお菓子はたくさんありいますが、軽羹ほどオリジナリティの高いおいしさって、あまり見かけないような。 食感、栄養価、香りのすばら…

炊肉という絶妙@鹿児島

このたび、鹿児島での最高の驚きは、焼肉、ではなく、炊肉という世界に入ってしまったことでした。 モツのおいしさ、栄養、カロリ…

マヨたこ@鹿児島

マヨたこ情報は1990年代からあったのえ、20年以上の歴史になります。 鹿児島のご当地たこ焼きといってもいいのかも知れませんね…

グラチャンもり山@鹿児島あげぱく

夕方になると、女子高生たちもやってきて、会場は唐揚げ一色に。 グラチャンのもり山さんのお気遣いも有難いです。 唐揚げの香…

とり新の骨つきモモ@鹿児島あげぱく

鹿児島では恒例となった「あげぱく」。 大分でお世話になった最高金賞のお店の社長みずからが揚げてくださるというので、ありが…

ページ上部へ戻る