© コナモン資料室 All rights reserved.

ケールの洋食焼き1号店

トキタ種苗さん、キユーピーさんと千陽さんへ。

ケールの洋食焼き、ケール入りの道頓堀やきそばなど、いろいろ出していただきました。

時田社長おすすめのトスカーナのキャンティ・クラシコは、さらっと濃厚な素晴らしいワインで、ついたくさん頂いてしまいました。

〆のカリフローレのピザ風は、生地の焦げ具合も最高で、未来の鉄板コナモンのアイドルとして、有望株だと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!

関連記事

インスタ映えとおいしさの関係

朝日新聞からインタビューを受け、資料提供しました。 また、インスタ映えお好み焼をめっせ熊さんで撮影させていただきました。 開高…

タイのコナモン事情

  タイ、バンコクのコナモン事情、嬉しいことに、たこ焼きも進化してます! https://www.nisshin.…

コナモン市場調査

https://www.nisshin.com/entertainment/konamon/research/vol4…

お好み焼の魅力

インバウンドでも人気のお好み焼、その魅力について、紹介させていただきました。 …

バターフィナンシェ

おみやげにいただきました。 フィナンシェもバターも大好きなので、強力です。…

ページ上部へ戻る