© コナモン資料室 All rights reserved.

Hoppar@JL. Melawai

 

朝、通りを歩いていたら、ホッパーの屋台に出会いました。

米粉の生地に、パンダンリーフの香りと色付けで、一枚一枚丁寧に焼いています。

薄皮のところはパリパリのお煎餅で、真ん中はしっとりタイプ。一枚で食感のグラデーションがたまりません。

これが、20円とは、申し訳ないですが、こんな屋台が健在の国は、やっぱり魅力的です。

関連記事

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

おうちコナモンニュース

2020年5月23日の朝日新聞記事。 売り場から小麦粉が消える現象も話題になり、おうちコナモンに関するメディアの紹介も多かったです…

伝説のお好み焼

五味焼をはじめたお店はどこなんでしょうね。 90歳の父が学生の頃、五味焼が流行したようです。…

パントレンド

美津の焼

ページ上部へ戻る