© コナモン資料室 All rights reserved.

カチョカバロとカクテル

 

やっと大人になったのか、フードが充実しているバーに一人で行くことが最近ふえています。

こちらも偶然、立ち寄ったのに大当たりでして、フードは仕込みから全員でされるらしく、ビーフジャーキーから、パンチェッタから、気になるメニューばかりです。

超やわらか砂ぎもコンフィや、ポテトも冷凍ではない美味しさがたまりません。

弱いくせに、カクテルもすすみます。

こちらのオーナーもコンテストの優勝者ですが、若手の方がこんどコンテストに出るそうで、そのカクテルもいただきました。

生パッションフルーツがきめての、「飛躍」という意味のカクテル。淡い黄色が素敵です。

関連記事

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

おうちコナモンニュース

2020年5月23日の朝日新聞記事。 売り場から小麦粉が消える現象も話題になり、おうちコナモンに関するメディアの紹介も多かったです…

伝説のお好み焼

五味焼をはじめたお店はどこなんでしょうね。 90歳の父が学生の頃、五味焼が流行したようです。…

パントレンド

美津の焼

ページ上部へ戻る