© コナモン資料室 All rights reserved.

323/ お年始のご馳走

恩師であり、協会の理事であり、師匠でもある(近々出る読売新聞の「師あり弟子あり」では、私の師匠として、先生がインタビューに答えてくださってます)、石毛直道先生のお宅へお年始のご挨拶です。

著名なシェフ、先生方のご馳走が並ぶ中、石毛先生作のコース料理が続くありがたい世界。写真は、金華ハム、ドライトマトと煮込んだ豚足と、ご子息作の自家製ビール。このほかにもいっぱいあったのですが、おいしくて食べるのに精一杯でした。

先生、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

釜あげうどん @室町砂場

江戸時代、大坂うどんが一世風靡した時代の名残として「砂場」というキーワードは有名ですが それが現存しているのは、大阪…

卵の代替開発

代替食材が一つのトレンドですが、ついに卵まで。 試食が待ち遠しいです!…

ソラノイロさん 祝10周年

    ソラノイロさんがオープンした年におじゃまして以来、たまに支店にもおじゃましますが、 ラーメン店の屋号や器、おしゃれモード…

大阪うどんと讃岐うどん

上を向いてさんから連絡があったので、再放送のオンエアを見ることができました。 讃岐うどん~大阪讃岐うどん~大坂うどん…

オコタコ基本レシピ

レシピのお問合せが多いので、以下のサイトを改めてご紹介です。 オコタコキッチンの基本レシピ http://nisshin.okotako…

ページ上部へ戻る