© コナモン資料室 All rights reserved.

323/ お年始のご馳走

恩師であり、協会の理事であり、師匠でもある(近々出る読売新聞の「師あり弟子あり」では、私の師匠として、先生がインタビューに答えてくださってます)、石毛直道先生のお宅へお年始のご挨拶です。

著名なシェフ、先生方のご馳走が並ぶ中、石毛先生作のコース料理が続くありがたい世界。写真は、金華ハム、ドライトマトと煮込んだ豚足と、ご子息作の自家製ビール。このほかにもいっぱいあったのですが、おいしくて食べるのに精一杯でした。

先生、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

侘屋古暦堂

久しぶりにおじゃましました。秋山料理長のキャラがすてきなので、つい長居を。 鴨のつみれはもちろん、焼鳥から麺、…

ページ上部へ戻る