© コナモン資料室 All rights reserved.

第27回 たこ焼ピア

☆★☆ たこやきめぐり 第27回 ☆★☆

100円ショップ顔負け
大阪が誇る値打ちのうまさ、いざ高殿へ!
- たこ焼ピア -

 朝日新聞の記者が、たこ焼のピンキリを知りたいという。要するに、一番高いたこ焼と一番安いたこ焼の店を紹介してくれというのだ。高いのはすぐ浮かんだ。このコーナーでも紹介したことのあるたこ昌である。残念ながら安いのは、即答できなかった。
たこ焼ピア
米岡桂子さん
 さて記事はどうなったか。「快楽のお値段」というシリーズに、「16個100円 VS 26個5800円」という見出し。高い方は知っていたから驚かないものの、16個100円と見れば、だれでも目を疑うだろう。
 たこ焼の平均的な価格は8個300円、350円ぐらい。タコの値段も高騰しているし、人件費も入れれば、1個が50円までなら仕方ないかな、というのが昨今の感覚ではないだろうか。
 というような私の甘い考えに、喝を入れてくれたのが、価格破壊どころの騒ぎではない、この店なのである。正確には6.25円。1個が10円もしないなんて、信じられない安さ。ほんとうに、ほんとうに、タコのはいっている、ふつうで、おいしいたこ焼なんだろうか。
なべ
たこやき
 そんなギモンと恐れを抱きながら、関目高殿を下車、 3番出口からすぐの、たこ焼ピアをたずねた。
 もともと高殿ピアという商店街があって、その入口だった所。いまは反対側の入口1か所のスーパーマーケットになっている。たまたま看板にピアのロゴが残っていて、屋号もピアになったというわけ。
 茶髪やピアス、セーラー服の中高生や近所のおっちゃん、それにOBの大学生たちが店の外にもあふれかえっている。

 主人の米岡桂子さんは、この道25年。たこ焼のベテランであると同時に、人生の達人というか、あるときは子供たちの母であり、姉であり、友達であり、教師でもある。そんなさまざまな顔を見せながら、手はたこ焼を焼きつづけ、そのすごい速さに勝るとも劣らぬ勢いで口も動かすおばちゃんなのである。
取材中の真菜さん
米岡さん
 4個10円からはじめた当時、よその店は7個10円だった。玉子が物価の優等生といわれるが、ここのたこ焼は物価の超優等生である。
 だからというわけではないが、この店に通ってくる子供たちはみんな素直でかわいい。自分で皿にたこ焼を並べる子もいれば、玉子を割るのを手伝う子も。それぞれが好き勝手しているように見えて、実はピア独特の見えないルールをきちんと守っている。子供らにとって、自分の部屋の次に居心地のいい、空間になっているようだ。
 さて、16個100円のたこ焼は。
 それがすごくおいしい。あんなにいい加減に焼いているのに、なんでこんなにおいしいんだろう。タコの小ささも、本来のたこ焼を彷彿とさせる適度な大きさではないだろうか。
 200円もたのめば、2段重ねの大盛り。こんな贅沢な光景は、ほかの店ではありえないシーンだが、たこ焼をおなかいっぱい食べるのが憧れだった人にとっては、ほんとうにありがたいお店である。桑山隊員も、もう100円注文している。
焼き出す女子高校生
店の雰囲気
 よそのは冷めてもおいしいらしいけど、うちのは冷めたらますいで~! たこ焼は熱いうちに食べなあかん。
 おばちゃんのトークに応戦しながらの2時間。おもろうて、おいしくて、満足満足。大事にしたいスポットである。

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名たこやきピア
住 所大阪市旭区高殿6-2-24
地下鉄谷町線・関目高殿駅下車3分/京阪電車関目駅下車10分
営 業15:00~21:00
定休日日曜日
席 数12席

H10.7.27現在のメニュー
たこ焼き16個100円
たこ焼き8個 50円

※ (追記) 取材後、ピア高殿は取り壊され、現在のお店は探偵メモ記述の住所の場所に移転しています。営業時間・商品・価格などの内容は変更されている場合がありますので、ご了承願います。
(2007年5月現在)


探偵のコメント探偵のコメント
びっくりするのは、なんといっても値段。8個50円、16個で100円。200円で32個ですよ。
かといって、食べてみるとなかなかおいしいんです。たっぷり練った粉に何度となく卵を割って入れてかきまぜて・・・。休む間もなくたこ焼きがひっくり返され焼き上がっていく。そして次々なくなっていきます。
また、おばちゃんのペースがすごい。絶えずしゃべっています。高校生や中学生が集まるのもわかる。
「試験やろ。がんばりや~」分け隔てなくみんなに声をかけてます。仲間意識をおばちゃんの人柄がひきだして、学生たちのなじみの店って感じになっています。
おばちゃんの一言。
「さめてもうまいたこやきっていうのはうそや。私ははっきりいうたる。たこやきはさめたらまずなるでって。冷たくてもうまいんは氷だけや。
でも、一度怖い物みたさで味わってみる価値はあるで。
 100円で食べられるたこ焼き屋さんがあると聞きました。
8個ぐらいだろうと思っていたら、なんと16個もあるではありませんか。
味はどうせ大したことないのだろうと思っていたら、これがなかなかのモノ。
私は32個食べてしまいました。(それでも200円ポッキリ
思わず。この辺りに住んでいる人がうらやましくなりました。

この店、値段と味の他に、もう一つ「おばちゃんのキャラクター」が特筆モノ。小生の下手なコメントでは言い表せないほど面白くて、奥が深い。是非、お店の方でたこ焼きとともにおばちゃんも直に味わってみて下さい。

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る