© コナモン資料室 All rights reserved.

第20回 三寸屋マルヨシ

☆★☆ たこやきめぐり 第20回 ☆★☆

屋台の花、花ある屋台、花も実もある人生
- 三寸屋マルヨシ -

 たこ焼屋にしては、変わった屋号である。以前から出掛けるのを楽しみにしていた店だ。新歌舞伎座のそばの屋台は出世して、奥に腰掛けるスペースもつくられているが、表の鉄板前でねばりたいほどのユニークな演出がある。 まず、屋台の骨組みというか構造は、江戸期の屋台に近い様相で、創業以来何度も作り直しているものの、新品の雰囲気を出さないようにしてある。ばかでかいものではなく、こじんまりと、半間ぐらいの幅に焼きこんである銅製の鍋がぴたりとおさまる。
お店
たこやき
 主人手書きの短冊が並ぶ。目をひくのが「当店のたこ焼にはかくし味として、ワインを使用いたしております。」
 そのひとことだけでも、よその店とはひと味ちがう何かを感じるものだ。
 さらにメニューがびっしり。ソース、しょうゆ、タルタルソース、カレーソース、ケチャップ、ゆずしょうゆ、レモンしょうゆ、みそしょうゆ、バター味。ソースの種類だけでもこんなに並ぶ。多すぎて迷いそうな人のために、初恋の味~などキャッチフレーズがついて、笑わせてくれる。
 そして極めつけのPOPが、人形。もうひとつの屋号のように掲げられているのが、「人形のあるたこ焼屋 マルヨシ」。
 私が小さい頃はやっていた、本物の赤ちゃん大のぷっくらしたお人形が、屋台の柱にくっついている。人形付きのたこ焼屋さんなんて前代未聞、これからも出現する可能性は低いはずだ。
 どうしてまた。ご主人の吉田誠良さんにたずねると、「道頓堀にも立ってますやろ。人形置いといたら、ほかの屋台とまちがわんと来てもらえます。なぜワインがはいるか?伊達に入れてはおりません」。
人形
ご主人
 スリムで動きも細やか。昭和11年生まれとは思えないテンポの良さだ。それもそのはず。19歳まで、京山幸枝若師匠についていたプロの浪曲師。そのあとは、洗濯屋、貸しオシボリ業、喫茶店など商売の道に。いずれも先見の明で成功するものの、ギャンブル好きで倒産も繰り返す。

 ところが26年まえ、ギャンブルへの足がぴたりと止まった。ちょうどこの店を開いた時期である。それ以来、うまいたこ焼を焼くおじさん業ひと筋になった。
屋台は浪花の文化だよ!
  この道20年
ありがとう。
エビタコロール
金粉たこやき
 こんな色紙が店の奥にある。6年前に書いたものだが、テレビ局主催の全国屋台大賞を総なめにした実績もある。
 そのときに開発したメニュー、金粉たこ焼をたのむ。金粉というより、金箔がぜいたくに乗せられ、きざみのりとの彩りもきれいだ。無味無臭の金ではあるけれど、なかなかヘルシーな素材として、気分もからだにもうれしい一品。エビタコロールはたこ焼の上に、桜海老入りのオムレツがのったもの。バター味はたこ焼をさらにバターで焼きなおす。どのアイデアも、突飛すぎるほどではないのに、だれも考えつかないような柔軟な切れ味が見事だ。
 すべて、自分が食べたおいしいものからのヒントで生まれた、マルヨシオリジナル。三寸屋の由来については、高知の割烹からもらったもの。
おいしいもの作るんも、まずいもん作るんも、すべて私の胸三寸から。
 たこ焼の食感といい、主人の話術といい、浪花だからこそ健在な、印象深いお店である。
お店

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

・ 会社名三寸屋マルヨシ(さんずんや)
・ 住 所大阪市中央区難波4-6-6
新歌舞伎座横の薬ヒグチの角を御堂筋から西
・ TEL030-16-06637
・ FAX06-646-0188
・ 営 業15:00~24:00
・ 定休日日曜日・祝日
・ 席 数22名くらい
・ メニュー10個入り500円ノーマルなソース味
あっさりしょうゆ味
若者に好かれるタルタルソース味
人気バツグンカレーソース味
甘党にケチャップソースの味
ビールお酒にゆずしょうゆ味
大人子供も好むごましょうゆ味
おつかれの時にうめしょうゆ味
恋の味レモンしょうゆ味
こくな味みそしょうゆ味
珍 味バター味
550円とろけるチーズがのったたこ焼き
600円コーンと卵がのったたこやき
オムレツ風エビタコロール巻
業界初の金粉たこ焼き
飲物400円ビール
お酒
缶チューハイ
水割り

探偵のコメント探偵のコメント
新歌舞伎座のそばの屋台のたこやき屋というイメージででかけたら迷ってしまいました。店の前に屋台がありそこで焼いていますが、ちゃんと中に食べるスペースがあります。
アイデアにまずびっくり。味にもびっくり。いろんなアイデアが組み合わされていてもおいしいのは、基になるたこやきの味がしっかりおいしいから。おいしいたこやきに加えて、浪曲師出身のご主人の話術の味が加わってみんな大満足。
これまで20店あまりのお店めぐりをしたが、つくづく感じる。たこやき屋の主人は奥が深い。ポリシー(こだわり)がある。アイデアがある。人を引きつけるエピソードがある。
「客商売やから味だけではだめや!」という。確かにお持ち帰りより、その場で食べるアツアツがおいしい。そして、グットタイミングで楽しませてくれる主人の一言がエッセンスとなり、さらに美味しさを増し、また来ようと思わせるのだ。

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る