© コナモン資料室 All rights reserved.

多幸で、米寿のお祝い

   

コナモン協会を支えてくれている父の米寿の会がありました。

もともとお好み焼きが大好きな人ですので、いまでも元気いっぱいはありがたいこと。

近江八幡の宮前さんは、蛸の子もだしてくださり、器や鮎の川のぼりなど、趣向を凝らしてくださいました。

多幸=たこ、蛸の衣裳で、記念すべき一日を過ごすことができました。

関連記事

春満載のてんぷらの恵み

近藤さんとの出会いは、東京事務所長田中が近藤さんファンだっとこと、その後、全日本食学会の理事会でもお目にかかるようになり、10年近くになりま…

コナモンbook

ポンテヴェッキオ山根シェフの世界

山根シェフの実は繊細かつ、見事な感性、そして情熱がこのひとときに凝縮していました。肉肉学会さんに、大阪に、イタリアに、シェフの35年に感謝…

からあげグランプリ金賞商品

からあげ絶好調、しかもおいしい!! …

KONAMONスマイルプロジェクト@ABCクッキング

昨年からスタートした、ABCクッキングのKONAMONマスターレッスン。 全国のどの教室でも受講できるので、気が向いたときに予約して楽しく…

ページ上部へ戻る