© コナモン資料室 All rights reserved.

第61回 福ちん

☆★☆ たこやきめぐり 第61回 ☆★☆

新しい店なのに、気分はほっこり
福島の福ちん

-  福ちん -

 2003年11月5日、本当に久しぶりのたこ焼きめぐり。

鎌探偵、良子探偵、「大阪たこ焼33カ所めぐり」の版元である西日本出版社の内山さん、そして特別ゲストに小出彰さんご夫妻。
 小出さんはたこ焼きが大好きな陶器のプロ。私の新聞記事を陶板に焼きつけてプレゼントしてくださったのがきっかけで、たこ焼専用の器をお願いしたり、家でのたこ焼パーティの大先輩でもある。

ちょうちんと札がないとただの家の玄関
たこ焼き
今日は小出さんおすすめの店へ。

JR福島で待ち合わせ、まずは駅前に出している屋台のたこ焼を。
私はなかなかがんばってると思ったのだが、小出さんは「ちょっと塩辛いな」。
そう言われると、なるほどそんな気もする。

 このあたりは小出さんの奥さん、里恵子さんゆかりの土地。
幼稚園も小学校もこの界隈、結婚してからも、福島区民である。

 延命湯という銭湯が路地の奥に健在だったり、線路の向こうには朝日放送とシンフォニーホール、イカリソースの本社もすぐそこで、オフィスと企業と住宅や学校が同居している街のたたずまいが気に入った。
今の大阪では大切にしたい景観である。

かなりいい感じ、そこからぶらぶらと天神さん方面へ。
有名なおでん屋、花くじらのキワをはいると、目当ての福ちんはすぐ。
3年前からの開業だが、家は昭和のレトロをわずかに改造しただけの、憩いの空間。

たこ焼きを焼いている井出美和子さん

なんでたこ焼なのかをたずねると、「昔から、焼くのが好きやってん」。

勘のいい人である。
必要最低絶対条件をみたしているのなら、あれこれ質問する無駄ははぶける。

取材中
座敷
 近所には菊菜のうまい人気おでん屋もあるし、田の家という、居酒屋風たこ焼で仕事帰りの人たちをいやしている店もあり、とても理想的な商環境のなかで、福ちんがどこまでメジャーになっていくか、気になる部分であるが、福ちんファンにとればこれ以上、他人には知られたくないという気持ちだろう。

福ちんのたこ焼は、タコ、ミンチ、チーズ、ちりめんじゃこの4種。
ミンチやちりめんんじゃこはおしょうゆが合う。
だしのきいた生地はうす皮でなかトローリ、小出さんおすすめだけのことはある。

  福ちんのことは、あえていっぱい書きません。小さなカウンターで本人としゃべってもらうのが一番とおもいます。
一度たずねるとまたでかけたくなる空間ってあるでしょ。
私は翌日も行きました。
日本コナモン協会の理事をお願いしている永田孝行さんが東京から来はったからですが、たぶんみんなはまっていくと思います。

店、人、味の三拍子そろった素敵な店の発見。小出さん、ありがとうございました。
またおいしい店を教えてくださいね。

(2003.11.5取材)

小出さんご夫妻と真菜さん、良子探偵

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名福ちん
住 所大阪府大阪市福島区福島2-8-10
JR環状線福島駅下車7分/JR東西線新福島駅、阪神福島駅下車3分
駅から南へ進み国道2号線を渡る福島天満宮門前から小道路地を西へ。
TEL06-6451-5747
営 業PM 5:30~11:00
定休日日、祝日
席 数10席

H15.11.5現在のメニュー
たこ焼き(タコ/6個)300円
たこ焼き(ミンチ/6個)300円
たこ焼き(チーズ/6個)300円
たこ焼き(ちりめんじゃこ/6個)300円

探偵のコメント良子探偵のコメント
 小出さんの案内で福ちんの表札とたこ焼きの提灯がある家へ。
これがなければたこ焼き店と気づかないほどの「どうみても昔ながらの普通の家」。
中に入るとなごやかな空気がただよい、割烹着(モンペ)姿のご主人「福ちん」井手美和子さんが迎えてくれる。居酒屋風だ。
出てくるたこ焼きは大玉、こんがりといい色に焼けている。
 たこ焼き自体はあまりコリコリ感はなく、つるりと口の中に入る。味もどちらかというとひかえめについている。しょうゆやポン酢、マヨネーズなどをとりまぜ、いろんな味を楽しむのがおすすめ。ミンチとちりめんじゃこが珍しい。ちりめんじゃこはカルシウムを食べている感じだがなかなかユニーク。
大半が常連客で、福ちんの人柄か休みの日には一緒に山登りをしたり、能勢で米作り、田植えをしたり、福ちんパワーいっぱいで楽しそう。
 福島天満宮わきの路地を覗くと、ぽうっと赤いちょうちんが灯っていて、入り口には控えめな「福ちん」の暖簾と表札。
 なんだかそのたたずまいから温かいかんじ。
 そして店内では満面の笑顔の女将さんと、向田邦子ドラマのような昭和の雰囲気が出迎えてくれる。
 ていねいに、ていねいに焼かれたたこ焼きは
「こんなにきれいなきつね色!!!しかもこんなにころがってゆきそうなほどのまんまるなたこ焼き見たことない!!!ほんとにまんまるっ!!」
と密かに感動してしまったくらいの見事な焼き。
お味はトロ~リもちもちで、特にちりめんじゃこのたこ焼きはじゃこの香ばしい香りが広がってこのおいしさは初体験!
味付けはお好みでね。と、しょうゆ、ポン酢、マヨネーズ、ソース、七味がテーブルに置いてあるのもめずらしくてうれしい。
あ~。ほんと、和む~。
また絶対に熱燗とじゃこたこ焼きでほっこり、まったりしに行こーっと。

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る