© コナモン資料室 All rights reserved.

第62回 くれおーる

☆★☆ たこやきめぐり 第62回 ☆★☆

京橋に咲くたこ焼きの華
くれおーる

-  くれおーる -

「はっきり言うて、自信ありますよ」。
開口一番そうおっしゃるのは、社長の加西芙子さん。
小柄ながら、存在感ある雰囲気で圧倒されそうになり、足をふんばりなおす。
「ビール飲みますか」。
いやというのもおこられそうなので、遠慮なくいただきます。
ちょうちんと札がないとただの家の玄関
たこ焼き
最初っから向こうのペース。困ったなあ・・と思っていると、
「まあ食べてみてください」。
今日は、「大阪たこ焼33カ所めぐり」を1週半したというコナモン倶楽部の渡辺裕文さんと、うちの娘も特別参加。人数では勝っているが、社長の勢いには到底及ばない。
まずはオーソドックスなたこ焼きから。熱い、が一口食べて、うまい!とそれぞれが喜んでいる。
「よそとは生地がちがうからね。タコでも、卵でも、油でもないの。
たこ焼きは粉モンなんやから、生地、それも粉にこだわって配合しないとあかんでしょ。
詳しくは言われへんけど、粉だけでも7種類もブレンドして、高いのはキロ1400円してるからね。
全部現場に行って、交渉して、こだわる限りは徹底的にええもんをつかいたいからね。」

なるほどとうなずいていると、くれおーる焼登場。
豚キムチ、すじねぎ、チーズベーコーンの3種類。
豚もすじもベーコンも食感のために、サイコロカットで、ベーコーンというのはコーンもはいって彩り豊か。
順番に食べながら、それぞれひとくち食べた瞬間の香りがちがう。
また一同「うまい!」を連呼。

たこ焼きを焼いている井出美和子さん

屋号の語源をたずねると、
「ラテン語で創造するとかの意味があって、ピタッときたからね。
よそにあるもんではだめ、オンリーワンでなければ。
この生地、こんな薄いのはどこにもない。だいたい1対4くらいやけど、うちは1対6。
焼けるようになるのもたいへんやけど、ここまで持ってくるのはがんばったわ。
パリもトロも、ほかにはでけへんくらい極めたからね。
取材中
座敷
 苦情は天の声やね。すじねぎで、はいってないてクレームがあって。
よう見たらとろけてて、そらそうやわ、お客さんにしてみたら、はいってないのもいっしょやからね。
それで、お肉はきちんと大きめにカットするようになったし。
後を継ぐ三男の幸浩さんは、
「ご覧のとおり、昔っから、肝っ玉ですわ、たこ焼きもよう焼いてくれました」
と優しげにフォローする。
  オープンして3年半、2,3軒隣りに焼き鳥も焼いてる「くれおーるコアの店」、その前の路地をはいったところに、「くれおーるロジの店」、堂島の地下街にドーチカ店。
豪語するだけの華のあるたこ焼きのおかげで、再び「京橋はええとこだっせ」の街に生まれ変わったような気がする。

(2004.8.28取材)

小出さんご夫妻と真菜さん、良子探偵

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名くれおーる京橋本店
住 所大阪市都島区東野田3-10-4
JR環状線京橋駅下車3分/JR東西線京橋駅、京阪京橋下車5分
京橋商店街内
TEL06-6882-1819
営 業AM 11:00~24:30
定休日無休
席 数6席

H16.9.30現在のメニュー
たこ焼き(8個)400円
くれおーる焼(豚キムチ/すじねぎ
/チーズベーコーン/6個)
400円


探偵のコメントなべ探偵のコメント
いつの間にか京橋商店街にオープンしていて、気がつくと同じ屋号の店がそばにできていた気がする京橋の人気店です。
 外はカリっと、中はふんわり。さらに、ソースをつけなくともしっかりとした味がついていておいしい。個人的には素焼きが好きです。
うまさの秘密は、長年研究した生地にあります。
また、中身にひと工夫したくれおーる焼きもユニークです。
京橋本店にはないですが、堂島地下街のお店は、昼にたこ焼タイムというたこ焼き6個とドリンクとアイスクリームのメニューがあり、熱いたこ焼きを食べた後の冷たいアイスがお気に入りです。
 「傲慢かもしれないがうちが一番おいしい」と笑顔で話す社長さんが
素材にこだわっているというだけあって、素焼きでも口の中で味と香りが広がってもう最高!
しょうゆ、ソース自身の味がまた良く、しかもたこ焼きのそのものの味を邪魔していません。
社長さんの「一たこ焼き入魂」というような気持ちを体現しているよう!
3種の「くれおーる焼き」は、それぞれの風味が絶妙のハーモニーとなって、口いっぱいに広がる絶品。
これがたこ焼きと同じ生地で作っているとは目の前で見ていても信じられません!
その味、心意気、一発でファンになってしまいました。

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設され
た世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る