© コナモン資料室 All rights reserved.

第33回 たこむすめ

☆★☆ たこやきめぐり 第33回 ☆★☆

新規開店組の鑑として応援したい旬の味
- たこむすめ -

 地下鉄天満橋の駅からほど近い、大阪市中央区釣鐘町。町名の通り、釣鐘屋敷があった。寛永11(1634)年、町衆の気持ちが豊臣びいきだったので、徳川家光が固定資産税のような地子銀を永久に免除するというお触れを出し、それを喜んだ人々が鐘楼を建てたというもの。 
釣鐘屋敷
たこやきの焼き上げ
 寺では日の出、日の入り、正午の3回だったが、ここでは2時間おきに一日12回鳴らしていたという。吹田、豊中、尼崎まで響きわたっていた。
 何度も火事に会い、鐘は大阪府の有形文化財として保存され、昭和60(1985)年、釣鐘屋敷跡に鐘楼が建てられた。 
 曾根崎心中のくだりに出てくる、暁の鐘もこの鐘楼の鐘の音で、七ツ時=朝の四時を聞いて、日の出の明け六ツにはもう死んでいる、というくだり。
 そんなお初、徳兵衛の話を思い描きながら、しっとりと浪花をそぞろ歩けば、「たこむすめ」の看板が。たこやき屋さんには「〇〇たこ」とか「たこ〇〇」という屋号は多いけれど、「たこむすめ」は珍しいかもしれない。
たこやき一丁あがり
たこ焼きを焼いてる二人
 日本舞踊に「藤娘」という演題があって、なんとなくその対比で見てしまうと、「たこむすめ」のテーマカラーになっている、強烈なピンク色が、いかにも現代の大阪を象徴しているかのようで、おもしろい。。

 2年前からこの地で開店したという「たこむすめ」は吉内道訓さん、さち子さん夫妻が切り盛りする。近所にはオフィスも多いので、3分が待てない人たちに、お昼用のセットも人気。焼そば+お好み焼+たこ焼2こたこむすめランチ500円はコナものファンにとってはうれしい組合せになっている。
取材する真菜さん
焼けてる焼けてる
 さてたこ焼のお味はどうだろう。
 しょうゆ味、コナもしっかりと味わいがある。銅板で焼くので、わりと大ぶり。表面のこげ具合にはやや不満も残るが、いくつでも食べられる、飽きのこない味ともいえる。
 残念ながら、たこむすめの主は不在だったが、この店の雰囲気、屋号のノリは、なかなか珍しいタイプなので、また一度のぞいてみたい。
ただいま焼けています
たこむすめの箱
 それにしても、知り合いの若い女性が書いたという「たこむすめ」は足が6本である。8本ないのはなぜか。このあたりの疑問を率直にぶつけたい。

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名テイクアウトの店 たこむすめ
住 所大阪府四条畷市岡山1-1-24 山本マンション104
JR学研都市線 忍ヶ丘駅下車。徒歩1分。
TEL072-862-1551
営 業平日 AM11:00~PM22:00
土・日・祝 AM11:00~PM18:00
定休日無休
席 数テイクアウトのみ
※ (追記) 取材当時は、(大阪市中央区釣鐘町1-2-2 土屋ビル1F)にありましたが、現在お店は探偵メモ記述の住所の場所に移転しています。
(メニュー、価格等未確認。)(2006年8月現在)


H11.3. 1現在のメニュー
たこ焼(しょうゆ味)8個 350円
おこのみ焼(豚とイカ入り)350円
焼そば (豚入り)350円
おにぎり(かつお・昆布・梅・ツナマヨ)100円
おにぎり(高菜)120円

探偵のコメント探偵のコメント
中央区釣鐘町。以前からこの名前にとてもひかれていた。
なんといっても今もこの町に釣鐘があり、毎日鐘の音を響かせている。
そんな釣鐘町で見つけた「目がハートマークでリボンを着けたたこ」の姿。
なんともいえぬ衝撃で、思わず買ってしまった。
店はテイクアウトのみということで、少し歩くと近所に北大江公園があり公園のベンチであつあつのたこやきを味わった。ちょうど寒い時だったので身体中が暖まった。(取材時は風が強く、押さえてないと飛んでしまい大変だった。)
たこやきはしょうゆ味のなにわ風。やけどしそうなほど熱いたこやきを口の中で味わうとじわっと甘みが広がる。なかなかくせになる味でした。いつもはつくっている人の姿を見ながら食べるが、こういうたこやきの味わい方もまた楽しく思った。
 僕は以前から勤務先のあるOBP(大阪ビジネスパーク)で持ち帰り用のたこ焼き屋をやれば結構流行るだろうなと思っていたが、自分で商売をやる訳にもいかず、また、OBPは色々な規制事項もあったりして実現には至っていない。
 今回の「たこむすめ」は場所こそ天満橋と異なれど、オフィス街での持ち帰り専門の店という、僕の秘やかな想いを実現されているお店である。
 メニューもたこ焼きだけでなく色々工夫されており、お昼ご飯として十分に魅力あるものになっている。
 今回はたこ焼きだけしか味わうことができなかったが、たこ焼きの味から推測すると他のメニューの味もなかなかのものだろうと予想がつく。
 今回は持ち帰り専門店ということで、近くの公園でたこ焼きをほおばった。会社にもどって食べるのも良いが、たまには公園のベンチでたこ焼きの昼食と言うのもいいものだ。

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る